1. ホーム
  2. コラム
  3. 集客とマーケティングの関係とは?店舗集客を成功させるポイントを解説

集客とマーケティングの関係とは?店舗集客を成功させるポイントを解説

2022年7月28日(木)

Googleマップ

本記事で分かること

  • 集客とマーケティングの違い、それぞれの重要性
  • 集客力を高めるために必要なこと
  • 店舗集客の方法を選ぶポイント

新型コロナウイルス感染症の影響が緩和されはじめ、飲食店や小売店、美容室、エステなど、多くの職種における店舗が集客活動を本格化しはじめています。各社一斉に集客活動に注力しているため、効果を高めるためにはマーケティングが必要です。

しかし、多くの方が集客とマーケティングを混同しているケースが散見されます。両者の違いや、それぞれの施策を効果的に行うポイントを学ぶことで、効果的な集客につなげやすくなるでしょう。

そこで今回は、集客とマーケティングの関係性や、店舗集客を成功させるポイントなどについて解説します。

集客とマーケティングは違う?

集客とマーケティングは厳密には違うものです。本章では、混同されがちな集客とマーケティングの違いについて解説します。

集客とは

集客とは、サービスや商品の内容を訴求し、来店を促進する活動のことです。店舗の売上を向上させるためには、新規顧客の獲得はもちろん、既存顧客のリピーター化など、さまざまな目標を達成する必要があります。そのための第一歩として、店舗に顧客の来訪を促す店舗集客が必要です。

マーケティングとは

マーケティングとは、簡単にいえば企業の収益を最大化させる活動の総称です。マーケティングは一般的に、顧客ニーズや嗜好性などを調査する活動と捉えられがちですが、それだけではありません。

市場調査や商品の企画・開発、販促方法の企画・検討、実施など、企業の売上向上を実現するためのさまざまな活動が、全てマーケティングといえます。

集客とマーケティングの違いとは

集客はマーケティングの一部です。市場調査を行い、ユーザーニーズを満たす商品やサービスを開発しても、肝心の顧客が集まらなければ売上にはつながりません。

そのため、集客はマーケティングの中でも特に重要な活動といえるでしょう。

次章では集客やマーケティングの重要性について解説します。

集客やマーケティングの重要性

集客やマーケティングが重要な理由は、商品やサービスの存在を顧客に知ってもらう必要があること、集客数が売上に比例することが挙げられます。

よい商品やサービスを提供していても、顧客がその存在を認識していなければ、購入どころか店舗に来店すらしてもらえません。そのため、マーケティング活動を実施して、まず自社の商品やサービスを知ってもらう必要があります。

一方、集客数が増えれば、それに比例して売上が向上するため、集客活動は非常に重要です。もちろん、全ての顧客が商品を購入したり、サービスを利用したりするわけではないのですが、集客数が増えれば購入率に応じた売上が期待できます。よって、集客数が多ければ多いほど、店舗の売上も高くなる可能性が高いでしょう。

したがってマーケティングにおいては、サービスや商品を顧客に知ってもらう販促活動と、顧客を店舗に呼ぶための集客活動が非常に重要です。

「集客力が高い」とはどういうこと?

集客力が高い店舗とは、よいサービスや商品を提供しており、顧客認知度が高い店舗のことです。競合他社との差別化を明確にし、市場で話題になりやすいサービスや商品を提供することで、店舗の価値が上がり、ブランド力が高まり、集客力も高くなることでしょう。顧客目線に寄り添ったサービスや商品を提供することはもちろん、店内の雰囲気や接客など、さまざまな要素が相乗的に重なった評価として、ブランド力が築かれます。

一方、集客力が高い方法(媒体)とは、ユーザートラフィックが甚大で、広告や投稿内容をより多くの方に見てもらえるものだといえるでしょう。ただ、多くのユーザーに広告を見てもらうことだけを目的とするのではなく、自社がターゲットとしているユーザーに見てもらうことも大切です。自社の商品やサービスと親和性が高いユーザーの目にとまれば、広告経由での集客効果が期待できます。

集客力を高めるために必要なこと

店舗集客の効果を高めるためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。本章では、集客力を高めるために特に重要な4つのポイントを紹介します。

集客する目的の設定

店舗集客を実施する際は、漠然と多くの顧客を集めればよいわけではありません。店舗集客することで、どのような目的を達成したいのか明確化しておかなければ、意味がないからです。

例えば、収益の増加という目的の場合でも、新規顧客の獲得やリピーター促進、客単価の向上など、それぞれ施策の内容が異なります。したがって、集客する目的を詳細に決めることで最適な施策が決めやすくなり、効果を最大化できるでしょう。

ターゲットの設定

集客するターゲットの設定も、明確化しておくことが大切です。ターゲットに合った集客方法を選択しなければ、高い集客効果は期待できません。

性別や年齢、居住地域などはもちろん、職業や年収、どのような趣味、趣向性を持っているかなど、できるだけターゲットのペルソナを明確に設定することがポイントです。自社の顧客を分析して、どのような属性の方がリピーター化しやすいかなど調査しておくと、ターゲットを絞り込みやすくなるでしょう。

集客方法の決定

集客の目的とターゲットが決まったら、具体的な集客方法を決めます。ターゲットになる顧客が日常的に目にする可能性が高い媒体を選択することが必須です。

例えば、ターゲットが若い女性の場合はインスタグラム、中年の男性向けであればFacebook、シニア層であれば新聞の折り込みやDMなど、それぞれに適した集客方法が異なります。したがって、集客効果を高めるためには、集客したいターゲットと親和性の高い集客方法を選ぶことが大前提です。ここを間違えると、失敗する可能性が一気に高まります。

PDCAサイクルを回す

ターゲットに合った集客方法を選び実施した後は、必ず効果測定を実施しましょう。

集客施策をはじめたからといって、最初から高い効果を上げられる可能性は低いです。そのため、施策を実施したら効果測定を行って改善ポイントを可視化し、再度施策を実施するPDCAサイクルを回すことで、徐々に高い効果を上げられるようになります。

店舗集客の方法を選ぶポイント

実際に店舗集客の方法を選ぶ際には、どれにしたらよいのか分からなくなる方も多いでしょう。そのため、以下3つのポイントに留意して選ぶことをおすすめします。

エリアを限定できるか

店舗集客の方法を選ぶ際には、集客エリアを限定できるか否かが重要です。集客方法によって訴求できるエリアに違いがあるため、集客するエリアの範囲を決めることで、方法を絞り込みやすくなります。

例えば、Googleビジネスプロフィール(※Googleマイビジネスは、2021年11月にGoogleビジネスプロフィールに名称変更しております)などはスマホやパソコンで検索するユーザーを対象にした集客方法ですが、DMやチラシなどは一部エリアに限定した集客方法です。したがって、集客対象のエリアをどの程度の範囲にするかによって、自ずと集客方法が絞り込めるでしょう。

ターゲット層との相性がいいか

ターゲット層と相性がよい集客方法かどうか確認することも大切です。ターゲットとなる顧客が普段ほとんど目にしない媒体を使って集客を行っても、大きな効果は期待できません。

分かりやすい例でいえば、シニア層を集客したい店舗がSNSなどを活用して集客を行ってもほとんど見てもらえないため、集客につながる可能性は低いでしょう。したがって、集客の方法を絞り込むためには、ターゲット層と親和性が高いかどうかを調査することが必須です。

集客効果を分析できるか

実施した後、実際の集客効果を分析できるかどうかも、集客方法を選ぶ大切なポイントです。よかれと思って実施してみたものの、期待した成果が上がらなかった場合には、訴求内容や集客方法を見直す必要もあるでしょう。

しかし、効果測定が可能な集客方法を選択しておかなければ、そもそも店舗集客に成功したか失敗したかを判断できません。そのため、集客方法を選ぶときには、効果測定ができる機能が提供されているかどうかも確認しておきましょう。

成果につながる集客アイデア

本章では、具体的な集客の手段をいくつか紹介します。自社の集客目的やターゲットなどに合う方法を見つけるための参考にしてください。

Webの活用

Webは狭いターゲット層から広いターゲット層まで、幅広く訴求できる集客方法です。スマホが広く普及したことで、若年層だけでなくシニア層の一部もWebを日常的に活用するようになりました。

Webを活用した集客方法はたくさんありますが、本章では代表的な方法を紹介します。

MEO

MEOとは「Map Engine Optimization:地図エンジンの最適化」の略語で、マップ経由での来訪者を増やす集客方法です。スマホで「恵比寿 エステ」といった検索をした際、マップ上に店舗情報が掲載されます。MEO対策を実施する具体的な方法として挙げられるものが、Googleビジネスプロフィールです。Googleビジネスプロフィールを活用し、適切に運用することで、自店舗の情報がユーザーに頻繁に表示されるようになり集客につなげられます。

また、Googleビジネスプロフィールは運用の費用がかからないことも魅力的です。詳細については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご確認ください。

Googleマイビジネスの使い方と活用するメリットを解説

Web広告

Web上での集客方法としては、Web広告も外せません。検索結果の上部に表示させるためのリスティング広告をはじめ、さまざまなWebサイト上の広告出稿などを実施することで、集客効果が期待できます。

ただし、Web広告を実施する際には、出稿費用が必要です。自社の予算や費用対効果を検討したうえで、慎重に実施しましょう。

自社ホームページ

Web上で集客をする場合は、自社ホームページの立ち上げも必須です。前述したMEOやWeb広告を実施する場合、顧客にサービスなどの詳細情報や予約、商品の購入といった行為を促すためには、自社ホームページを準備しておく必要があります。

自社ホームページをゼロから立ち上げるのは大変なので、前述したGoogleビジネスプロフィールを活用するのがおすすめです。ホームページを簡単に作成できる機能が提供されているため、こちらを有効活用するとよいでしょう。

詳細については下記の記事をご覧ください。

Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)でウェブサイトを作る方法とメリット・デメリット

SNSの活用

ターゲットにする顧客の属性によっては、SNSの活用が効果的です。代表的なSNSの事例を紹介します。

Twitter

短い文言の投稿がメインのSNSであるTwitterは、若年層からミドル層の男女に広く利用されており、同属性のユーザーを集客する方法として活用できます。Twitterは拡散力に優れているため、投稿内容が「バズる」と、高い集客効果が見込めるでしょう。ただし、話題になりそうな内容を研究することはもちろん、1日に何度も投稿する必要があるなど、運用の負荷は高めといえます。

Instagram

写真や動画を中心とした投稿がメインのInstagramは、特に若い女性を集客したい店舗に適した集客方法として活用できます。ビジュアルの印象が大切な飲食店や美容室などと相性がよいでしょう。

なお、Instagramを活用した集客については、以下の記事で詳しく解説しているのでご確認ください。

店舗集客にインスタグラム(Instagram)を活用するコツとは?

Facebook

Facebookは、若年層からミドル層までのユーザーが広く利用しているSNSです。店舗のページをフォローしてもらえれば、直接的な接点が持てるため集客効果にポジティブな影響を与えるでしょう。

また、Facebookでは効果測定ができる機能や、広告出稿も可能なので、さまざまな施策を駆使した集客方法が実現できます。

ポータルサイトの活用

飲食店や美容室、エステ、マッサージなどの業態の店舗が集客を行う際には、ポータルサイトの活用も視野に入ってきます。ポータルサイトとは、飲食であればぐるなびや食べログ、美容室やエステなどであればホットペッパービューティなど、さまざまな店舗の情報を集約して紹介する媒体のことです。

ただし、ポータルサイトを利用する場合には利用料が必要なので、費用対効果をよく検討してから実施しましょう。また、競合店舗も多く掲載されているので、差別化することが難しい点はデメリットです。

自店舗に合った効果的な集客・マーケティングを実践しよう

集客はマーケティングの一部であり、さまざまなポイントを押さえることで効果を高められます。また、店舗集客を行うための方法もたくさんあるので、自社に合ったものを選んで実施しましょう。

ただし、集客効果を高めるためには、同時に複数の集客方法を実施する必要があります。そのため「ただでさえ労働力の確保が大変な状況なのに、そこまで手が回るか不安」と思われる方も多いでしょう。

そこでおすすめしたいツールが、Googleビジネスプロフィール・HP・SNS情報の一括管理サービス「Canly(カンリー)」です。

複数店舗のGoogleマップ情報やHP・SNSの情報を一括で管理・運用できるシステムを通して業務を効率化します。

また、国内外40,000店舗以上の支援実績を持つ専任のコンサルタントが、貴社内の状況を鑑みた上で、運用体制の構築から日々の運用支援まで徹底的にサポートするため、効果的に店舗集客を向上することが可能です。

Canlyのサービス内容は以下で確認できますので、ぜひご確認ください。

  • 「Canly(カンリー)」資料ダウンロードはこちら
  • 「Googleビジネスプロフィール」お役立ち資料はこちら

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら

資料ダウンロード