1. ホーム
  2. コラム
  3. 店舗集客で押さえておくべき広告活用のポイントを徹底解説

店舗集客で押さえておくべき広告活用のポイントを徹底解説

2022年7月28日(木)

Googleマップ

小売店・飲食店・美容サロン等のいわゆる店舗型ビジネスは、いかに多くのお客さんに店舗へ訪れてもらうか、何度もリピートしてもらうかが、ビジネスを成長させるための重要なポイントです。

当記事では、店舗集客の基礎知識から、店舗集客に活用できる広告手法・広告を活用する際のコツまでを解説していきます。店舗集客に課題を抱えている方や、より効果的・効率的にお客さんを集めたい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

集客をする上で重要なこと

これから店舗集客に注力していこうと考えている方は、集客の基礎知識・集客の実践にあたって重要なポイントを改めておさらいしておきましょう。

集客とは、文字通り「お客さんを集めること」です。自店舗もしくは店舗の商品・サービスの顧客になってくれそうな人に対して来店・購買に繋がる訴求を行い、販売促進に繋げる施策を行います。

そこで重要となるポイントが、単にお客さんを集めるだけでは不十分であるという点です。店舗型ビジネスの売上・成長に繋げるためには、店舗への来店者数を増やすだけでなく、店舗を気に入ってもらい商品・サービスの購入に繋げること、スポットの来店ではなくリピーターとなってもらい継続的に利用してもらうことが非常に重要です。

そのため、集客に取り組むにあたっては、長期的視点を持ってパフォーマンスの最大化に繋がる施策を打ち出していく必要があります。

店舗集客に使えるオンライン広告手法

現代においては、オフラインの店舗型ビジネスにおいても、集客の要(かなめ)はオンライン広告となります。そのため、店舗への集客を実践するのであれば、まずはオンライン広告手法を押さえておくことが重要です。

ここでは、店舗集客に活用できる主なオンライン広告手法について解説します。

リスティング広告・ローカル検索広告

店舗集客でオンライン広告を活用する際の代表的な広告が、リスティング広告とローカル検索広告です。どちらも検索エンジンに入力されたキーワードに連動して表示される広告となっており、ユーザーニーズが含まれたキーワードに対して対策を行うことで、効果的・効率的に店舗集客を行うことができます。

各手法についてそれぞれ以下に解説します。

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleの検索エンジンに入力されたキーワードに対して表示される広告で、別名検索連動型広告とも呼ばれています。店舗集客に活用する際には、自店舗のWebサイトへアクセスを呼び込むことを目的に活用されます。

広告がクリックされるとコストが発生する仕組みとなっており、検索ウィンドウに入力されたキーワードに応じて検索結果画面の上部に広告を表示することが可能です。

コストをかけることで自然検索よりも上位に表示できることや、地域名・ユーザーニーズ等で絞り込んだ配信ができること、即効性が高く必要に応じて集客を行えることから、多くの企業に活用されているオンライン広告手法となります。

ローカル検索広告

ローカル検索広告とは、Googleマップに連動して表示される広告のことです。店舗型ビジネスはマップ検索される機会が非常に多いため、ユーザーが店舗を探しているエリアに広告が表示されることで、店舗集客において高い効果を発揮することができます。

ローカル検索広告では、検索結果に営業時間・営業の可否・店舗への距離・ユーザー評価など店舗に関連した情報が表示されるのが特徴です。スマホでの閲覧時には電話ボタンも一緒に表示されるため、ユーザーの行動につなげることもできます。

SNS広告

SNS広告とは、SNSのプラットフォーム上に配信することができる有料のインターネット広告媒体です。ターゲティング精度が高いことや、目的別に最適化した配信を行えることから、店舗集客の広告手法としても非常に優秀な広告媒体です。

店舗集客に活用されているSNS広告には、以下のような種類があります。

 

・Facebook

実名制を採用した世界最大のSNSです。ユーザー情報を活用したターゲティング精度の高い広告配信を行えるのが特徴。店舗予約ツールも提供されているため、オンライン予約による集客を行いたい場合にはおすすめです。

 

・Instagram

若い女性を中心に多くのユーザーを獲得している写真・動画を主体としたSNSです。バナー・カルーセル・ストーリーズ等目的に合わせてさまざまなタイプの広告を配信することが可能であり、ビジュアル・視覚的訴求を活かしてオシャレ感・ブランド間の演出に適しているのが特徴です。飲食店・美容系店舗の集客には非常におすすめです。

 

・Twitter

投稿の手軽さから情報拡散力が非常に高い人気を誇るSNSです。その拡散力の高さを活かして、キャンペーン・セール等の情報を拡散したい場合におすすめです。広告を配信するだけでなく、SNSアカウントにこまめに投稿を行ったりユーザーとコミュニケーションを図ることで、クチコミの拡散による集客・ブランディングを行うのにも適しています。

 

・LINE

LINEはメッセージアプリとして国内屈指のユーザー数を誇るSNSです。ビジネス用のLINE公式アカウントを活用することで、情報の発信・双方向コミュニケーション・顧客対応・予約・クーポン・抽選・ショップカードなど店舗集客に役立つさまざまな機能を活用することができます。集客・リピート促進を図りたい場合にはLINEの活用は必須といえるでしょう。

店舗集客に使えるオフライン広告手法

オンライン広告が主流である現代においても、旧来から店舗型ビジネスを支え続けてきたオフライン広告の有用性・効果性はいまだ健在です。オンライン広告でのリーチが難しい客層へのアプローチが得意であったり、オンライン広告との組み合わせにより高いパフォーマンスを発揮できたりといったメリットがあります。

ここでは、店舗集客で活用できる主要なオフライン広告手法について解説していきます。

雑誌広告

雑誌広告とは、雑誌の誌面・表紙裏面・裏表紙等に設けられた広告枠に掲載される広告です。多くの雑誌は全国的に発行されており、季刊・月刊・週刊で発行される定期刊行物であるため、認知拡大と同時に繰り返し読者に広告を訴求できることが大きなメリットです。

読者が気に入った雑誌に掲載されている広告は親近感がわきやすく、また雑誌自体も一定期間保存される傾向にあるため、広告に掲載した情報をじっくり読んでもらいやすいというメリットもあります。

新聞広告

新聞広告とは、新聞の誌面上に設けられた広告枠に広告を出稿する方法です。昔よりも発行部数は減少傾向にあるものの、新聞を購読している世帯はまだまだ多いため、たくさんの人々にリーチすることができます。

新聞は権威性・信頼性に優れた広告媒体であるため、その特性を活かした広告宣伝を行いたい場合や、購読者数が多い中高年層へアプローチしたい場合に適しています。

新聞広告を活用する際には、掲載量が高額である点や、新聞の購読者層にしか広告を展開できない点には留意しておく必要があります。

折込チラシ

折込チラシとは、新聞に挟んでチラシの配布を行うという古くから活用されている広告手法です。

新聞の配布エリアに合わせてチラシを配布したいエリアを選べることや、エリア内の幅広い層にリーチできることが大きな特徴です。店舗ならびにキャンペーンを認知拡大したい場合や効率的に情報を拡散したい場合には非常におすすめです。

折込チラシは他社のチラシも一緒に配布されるため、いかに目に留めてもらうか・差別化を図るかが成果をあげるための重要なポイントとなります。

フリーペーパー掲載

フリーペーパーとは、広告を掲載したい企業からの掲載料で制作・運営が行われている無料の情報誌です。ショッピングモール・スーパーマーケット・コンビニ・駅構内等に設置されたラックから誰でも自由に手に取ることができます。ほかにも、郵送されるものや新聞折り込みで配布されるものもあります。代表的なフリーペーパーには、リクルートライフスタイルが全国で発行しているホットペッパーが挙げられます。

フリーペーパーは無料であるため、多くの人に情報を拡散しやすいことが最大のメリットです。広告掲載と併せてクーポンを添付することができるため、人気の媒体であれば高い集客効果が期待できます。

自店舗をより多くの人に印象付けるために、継続的な掲載を行うことが成果を出すためのポイントです。

ダイレクトメール送付

ダイレクトメール(DM)とは、郵送にて宣伝目的で送付されるチラシ・パンフレット等の印刷物のことです。

発送先を自由に絞り込むことができるため、新規集客を強化したいエリアに集中的に送付する・購入意欲を強化したい見込客に送付する・リピート促進のために送付するなど、さまざまな目的・用途に活用できる広告手法です。

オンライン広告に近いイメージで自由度の高い活用ができるのがダイレクトメールの特徴ですが、ユーザーの反響に繋がらなければ集客効果を得ることができません。そのため、漠然と配布するのではなく、ターゲティング・広告クリエイティブ・訴求内容・開封メリットなどを工夫することが重要となります。

店舗集客につながる広告のコツとは?

店舗集客で成果をあげるには、各広告手法に関する知識を得ておくことや自店舗に適切な広告手法を選ぶことが重要ですが、それ以外にも押さえておくべきポイントがあります。

ここでは、店舗集客で成果に繋げるための広告のポイント・コツについて解説します。

広告で伝えたいことを考える

店舗集客の広告は、どの広告手法を採用する場合においても、限られた広告枠の範囲内で情報を伝えなければなりません。そのため、広告で伝えたい内容については慎重に精査を重ねて決定することが、成果に繋げるために重要なポイントとなります。

広告で伝える内容を考える際に、特に意識する項目は以下の3つです。

  • Who:広告のターゲットは誰か
  • What:顧客が解決したい課題は何か?顧客が求めているものは何か?
  • How:どのように上記課題を解決するのか?顧客が求めているものを提供するのか?

店舗集客においては、最終ステップである「How」繋がるものは、店舗であり店舗で提供される商品・サービスです。上記の項目について明確化を行い、また決定した要素で十分なパフォーマンスが期待できるような広告を作成するのがコツです。

まずは広告作成前に、上記3項目についてできるだけたくさんの要素を洗い出してみましょう。

店舗の魅力をわかりやすく伝える

広告に掲載する要素が決まったら、活用する広告媒体に合わせて訴求したい内容が伝わるように広告の制作を行います。

広告に掲載する要素は、主に以下のテクニックを活用してアピールを行っていきます。

 

・コピーライティング

キャッチコピー・フレーズ等の文章を活用して訴求を行うテクニックです。顧客の課題解決に繋がること・共感が得られること・具体的に書くことが重要なポイントです。

 

・写真・イラスト

商品・サービスの使用感やキャンペーンのお得感が伝わるような写真・イラストを活用して訴求を行うテクニックです。視覚的訴求は広告効果が大きいため、使用する写真・イラストには徹底的にこだわるのがポイントです。

 

キャンペーン・セール・新商品等の主に訴求する内容だけでなく、店舗への来店を促すために店舗の魅力が十分に伝わる広告を制作しましょう。

地図や問い合わせ先を明確に

店舗集客は、オンライン上でそのまま販売に結び付けることができるECサイトとは異なり、実際に店舗まで足を運んでもらうことを目的としています。

そのため、店舗集客に広告を活用する際には、店舗の住所・連絡先・地図等の広告を見たユーザーが確実に店舗に辿り着けるような情報を掲載しておくことがポイントとなります。店舗の場所が分かりにくい場合は、分かりやすい目印やルート案内等を併せて掲載しておくのも効果的な手段です。

いくら反響・反応の得られる広告を出稿しても、実際に来店に結び付かなければ店舗集客施策として成功とは呼べないため、広告に掲載するアクセス情報については特に注意しておきましょう。

ポイントを押さえた広告活用で効果的な店舗集客を

店舗型ビジネスの集客に役立つ広告手法とそのポイントについてご紹介してきました。効果的な店舗集客を実現するには、自店舗に合った手法を選択すると同時に、広告効果を高める工夫を行うことが重要なポイントです。

また、広告以外にもGoogleビジネスプロフィールを活用したGoogleマップ上の情報を拡充させることでマップ検索ユーザを実店舗に総客する施策や、SNSでの情報発信・運用に注力することも重要です。とはいえこれらの定期運用が必要な業務は、特に複数店舗を運営している企業の場合は手間がかかるため、担当者の負担が大きくなりがちという課題があります。

そのようなケースでは、ぜひ「Canly(カンリー)」をご活用ください。Canlyは、Googleマップ・HP・SNSにおける店舗情報・クチコミ等を一括で管理・分析することができるツールです。大手チェーンをはじめとした国内外40,000店舗にて導入・活用されており、集客力向上・効率化の実現に貢献しています。

店舗集客の課題を解決したい方や成果を向上させたい方は、ぜひご検討下さい。Canlyのサービス資料は以下よりダウンロードできます。

  • 「Canly(カンリー)」資料ダウンロードはこちら
  • 「Googleビジネスプロフィール」お役立ち資料はこちら

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら

資料ダウンロード