1. ホーム
  2. コラム
  3. Googleマイビジネスのナレッジパネルとは?情報を表示する方法

Googleマイビジネスのナレッジパネルとは?情報を表示する方法

2022年7月29日(金)

Googleマイビジネス

Googleビジネスプロフィールのナレッジパネルをご存じでしょうか。

ナレッジパネルは検索結果に表示される情報のなかでも視認性が高く、店舗集客でもぜひ活用したい機能です。

では、このナレッジパネルにビジネス情報を表示させるにはどうしたらよいのでしょうか。

本記事ではGoogleビジネスプロフィールのナレッジパネルの概要から、ナレッジパネルに自店舗の情報を表示する方法、修正方法などをご説明します。

ナレッジパネルの機能を活かした集客を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)のナレッジパネルとは

まずはナレッジパネルの基本知識と、表示される効果をご説明します。基本的な内容を理解して運用に活かしてください。

ナレッジパネルとは

ナレッジパネルとは、ユーザーが検索したときに検索結果の最上部(スマホの場合)または右側(PCの場合)に表示される情報欄のことを指します。ナレッジパネルの情報は、検索したユーザーのキーワードをもとに検索意図を推測し、最適な情報であると判断されたものが表示されます。

ナレッジパネルは検索されたキーワードが場所、人、モノのどれに当てはまるのかを瞬時に判断して、基本情報と関連情報を検索結果として表示する仕組みになっています。ユーザーとしては検索結果の右側に情報が表示されることで、欲しい情報に素早くアクセスできる点が魅力です。

なお検索結果においてナレッジパネルに情報が表示されるのは、ビジネス関連だけではありません。

ビジネス情報がナレッジパネルに表示される効果

検索キーワードよりナレッジパネルにビジネス情報が表示されます。

ここでいうビジネス情報とは、企業や店舗の所在地や営業時間、電話番号などです。ユーザーの来店を促すようなさまざまな情報が表示されるため、集客に効果が期待できます。

前述のとおりナレッジパネルはGoogle検索結果の右側に表示されることから、ユーザーの目につきやすいエリアに情報が掲載されています。店舗の外観など通常の検索結果には表示されないような内容も含まれているため、ナレッジパネルに表示されるかどうかで届けられる情報量に大きな差が生まれます。

なおナレッジパネルに表示されるには、Googleビジネスプロフィール上で店舗の情報を正しく登録しておく必要があります。この情報登録の方法については、のちほど詳しくご紹介します。

ナレッジパネルに表示される内容

ここからはナレッジパネルに表示される内容を7項目ご紹介します。主にどのような情報が表示されるのかを理解し、登録時の参考にしましょう。

ビジネスの基本的な情報

ビジネスの基本的な情報としては、住所や電話番号、営業時間などです。自店舗の基本情報はGoogleビジネスプロフィールに登録した内容でナレッジパネルに表示されます。

表示される内容を変更したい場合は、プロフィールの内容を変更する必要があります。

内観・外観・商品などの写真

ナレッジパネルではGoogleビジネスプロフィールで登録した写真が表示されます。店舗の内観や外観、商品写真などを撮影して登録することでナレッジパネルに表示され、ユーザーに瞬時にお店の雰囲気を感じてもらうことが可能です。

ストリートビュー

ストリートビューもナレッジパネルで表示されます。ストリートビューとは2007年からGoogleが提供している世界中の道路沿いの風景をパノラマ写真で提供するサービスです。ストリートビューは、店舗の外観や周辺情報を伝える際に便利なサービスです。

また、ストリートビューの屋内版であるインドアビューが撮影・登録されている場合は、店舗の内観の確認もできます。Googleマップとも連動しているため、さまざまな視点から店舗の様子を把握することが可能です。

投稿

Googleビジネスプロフィールには投稿機能が備わっており、さまざまな情報発信ができます。投稿された内容がナレッジパネルにも表示されるため、新商品や人気商品、期間限定商品、キャンペーンなどタイムリーな話題を提供しやすいです。

情報の一覧性に優れるナレッジパネルだからこそ最新の情報を提供することが集客に活きています。情報を見たユーザーがアクセス情報をもとに来店する可能性があるからです。

クチコミ

ユーザーからのクチコミもナレッジパネルで確認できます。クチコミを参考にして来店や利用を決めるユーザーが居ることから、事前の判断材料になるでしょう。ただし良いクチコミだけが集まるとは限りませんので、悪いクチコミへの対応や良いクチコミが集まる店舗運営が大事です。

ホームページへのリンク

クチコミと同様でユーザーの判断材料になるのがホームページです。ホームページにはナレッジパネルの限られた枠では伝えきれない要素を盛り込めます。ナレッジパネルにホームページのリンクが表示されれば、クチコミや写真などを含めたトータル的なアピールができるでしょう。

「オンラインで注文」ボタン

主に飲食店向けの新機能として「オンラインで注文」がナレッジパネルに表示されます。ユーザーがクリックするとUber Eatsや出前館などのデリバリーサービスのリンクが表示される仕組みです。

デリバリーサービスと連携している店舗ならば、「オンラインで注文」を活用することでより多くの売上げにつながるでしょう。

ナレッジパネルにビジネス情報が表示されるようにするには?

ナレッジパネルには数多くの情報が表示されるため、集客に活かしたいところです。ここからはナレッジパネルにビジネス情報が表示されるようにするための方法をご紹介します。

ご紹介する3点について、ぜひ重点的に取り組んでみてください。

ビジネスの情報を充実させる

まずはGoogleビジネスプロフィールの情報を充実させてください。より詳細な情報を登録することで、ユーザーによる検索時に正しくマッチングしてナレッジパネルに表示される可能性を高めることができます。

このとき、テキストの情報だけではなく写真や動画など視覚的な情報も充実させましょう。写真や動画はユーザーからの視認性が高く、クリック率を高めることが可能です。

クチコミを集める・返信する

次はクチコミの収集や、寄せられたクチコミに対する丁寧な返信など、クチコミ管理に取り組んでください。

ナレッジパネルに表示されるかどうかは、店舗の知名度や信頼度などが関係しています。単純にクチコミが多ければ良いというわけではありませんが、良いクチコミを集めるためにより良いサービスを提供することが、結果的に評価の向上につながり、知名度のアップにつながります。

また、クチコミが届いたら1件1件丁寧な返信を心がけることで、ユーザーからの信頼度が高められます。ときには厳しいクチコミが投稿されるかもしれませんが、真摯に対応してサービスを改善していくことでさらなる信頼の獲得につながるでしょう。

店舗ホームページのSEO対策も有効

Googleビジネスプロフィールに関する施策や対応は重要ですが、店舗ホームページのSEO対策にも取り組みましょう。

SEO対策は検索結果における表示順位やクリック率を向上させることが目的ですが、それらが向上することは店舗の知名度アップにつながります。

前述のとおりナレッジパネルで表示されるには店舗の知名度や信頼度が重要であるため、店舗ホームページのSEO対策に取り組むことも有効な施策の一つとなるのです。

ナレッジパネルが集客につながっているか確認する方法

さまざまな取り組みによってナレッジパネルに表示されるようになったとしても、それで終わりではありません。ナレッジパネルに表示されても集客につながっていないのであれば改善が必要です。

ここからはナレッジパネルが集客向上につながっているか確認する方法をご紹介します。

Googleビジネスプロフィールのインサイトを活用

Googleビジネスプロフィールのインサイトでは、ナレッジパネルを見たユーザーがどのような行動(経路案内・ウェブサイト表示・電話など)をとったのか確認することができます。インサイトはMEO対策における重要なアクセス解析データであるため、その内容を集客向上に十分に活かしたいところです。

インサイトで閲覧できる情報

Googleビジネスプロフィールのインサイトでは以下の情報が閲覧できます。

検索方法

ユーザーがビジネス情報を見つけたときの検索方法がわかります。検索方法は直接検索と間接検索にわかれています。直接検索は店舗名(ビジネス名)や住所、電話番号などから検索することです。間接検索は業種名などのキーワードで検索することです。

検索に使ったGoogleのサービス

ユーザーがGoogle検索、もしくはGoogleマップのどちらで自店舗を見つけたのかがわかります。日時を絞って集計することも可能です。

行動

ナレッジパネルを見たユーザーがその後にとった行動がわかります。ホームページのリンクのクリック数、ルートリクエスト(マップ上のピン表示、ルート検索)、電話をかけた回数、写真の閲覧数などが確認できます。

これらの要素を総合的に分析して掲載する内容などを調整し、より多くのユーザーから反応をもらえるように改善していきましょう。

ナレッジパネルの情報を編集する方法

ナレッジパネルに表示される情報を常に最新の状態にしたり、誤りがあれば修正したりすることがユーザーからの信頼につながります。以下でナレッジパネルの情報の編集方法をご説明します。

Googleビジネスプロフィールに未登録の場合

Googleビジネスプロフィールに登録していない場合でも、ナレッジパネルに自店舗の情報が表示されることがあります。表示されている内容はGoogle側が自動生成した可能性が高いです。

この場合は、ナレッジパネルに表示されている情報をもとにGoogleビジネスプロフィールを登録してください。

参考:Google の無料のビジネス プロフィールを使ってアピール

ただし、必要な情報を入力後に登録申請をしても、利用できるまで2週間前後かかる可能性があります。もしも掲載されている情報に重大な誤りがあるならば、できるだけ早く修正が反映されるよう、登録と並行して、いちユーザーとしてナレッジパネルからフィードバックを送りましょう。

Googleビジネスプロフィールの登録が済んだ場合は、管理画面から誤りがある情報を修正してください。

なお、自分が持っている複数の店舗について情報が自動生成されている場合は、Googleビジネスプロフィールの登録が完了してからそれらの店舗の情報を統合し、ひとつのGoogleアカウントで管理できるようにするとよいでしょう。まずはいくつかある店舗情報のいずれか1つを選んでGoogleビジネスプロフィールに登録し、登録が完了したら他の店舗の情報もそのGoogleアカウントへと統合していきましょう。

Googleビジネスプロフィールに登録済みの場合

すでにGoogleビジネスプロフィールに登録が済んでいる場合は、ログイン後に修正作業を行ってください。

修正が必要な箇所を手直しすると、ナレッジパネルの表示にも反映されます。

まだ登録がオーナー登録が完了していない方は下記の記事を参考にしてください。

Googleマイビジネスのオーナー登録の方法と困った時の解決法を解説

ポイントを押さえてナレッジパネルを集客に活用しよう

ナレッジパネルはGoogle検索結果の右側に表示されるパネルで、検索内容に適した豊富な情報を表示するものです。関連キーワードで検索された際に自店舗の情報が表示されれば店舗への来店に繋がるため、なるべくナレッジパネルに表示されるようにしたいところです。

本記事でご紹介したビジネス情報が表示されるためのポイントなどを参考にして、ナレッジパネルでの表示を目指してください。

ナレッジパネルに表示される内容はGoogleビジネスプロフィールに登録された内容です。常に情報は最新状態にしておき、投稿なども積極的に行いたいところです。しかし、日々の業務をしながらGoogleビジネスプロフィールの情報を更新し続けるのはなかなか大変な作業です。複数店舗を運営している場合は特に負荷が大きいでしょう。

そこで、Googleビジネスプロフィール・HP・SNS情報の一括管理サービス「Canly(カンリー)」を使ってみてはいかがでしょうか。

Canlyは、複数店舗のGoogleビジネスプロフィール・HP・SNS情報を一括で管理・運用できます。また、国内外33,000店舗以上の支援実績を持つ専任のコンサルタントが、貴社内の状況を鑑みた上で運用体制の構築から日々の運用支援まで徹底的にサポートするため、効果的なMEO対策が見込めます。

Canlyにご興味をお持ちの場合は、お気軽にご相談ください。サービス資料が以下からダウンロードできますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

  • 「Canly(カンリー)」資料ダウンロードはこちら
  • 「Googleビジネスプロフィール」お役立ち資料はこちら

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら

資料ダウンロード