1. ホーム
  2. コラム
  3. Googleマイビジネスの編集方法を詳しく解説!

Googleマイビジネスの編集方法を詳しく解説!

2022年4月28日(木)

Googleマイビジネス
  • Googleビジネスプロフィールの編集方法
  • Googleビジネスプロフィールで編集できる項目
  • Googleビジネスプロフィールを編集するときのポイント

飲食店や小売、サービス業など店舗を構えてお客さんにサービス提供している企業様ではなどの店舗を経営されている方の中には、Googleビジネスプロフィールを利用している方も多いでしょう。Googleビジネスプロフィールは無料で集客効果を高められるので、まだ使っていない方はぜひ活用することをおすすめします。

とはいえ、はじめてGoogleビジネスプロフィールを利用する場合には、何から手をつけたらよいかわからないかもしれません。Googleビジネスプロフィール上ではさまざまな項目が編集可能です。正しい情報を入力することはもちろん、顧客にとって価値のある情報を提供できるようにこまめに編集することが集客効果を高めるポイントだといえるでしょう。

そこで今回は、Googleビジネスプロフィールの編集方法について詳しく解説します。

Googleビジネスプロフィールの情報は常に最新にしよう

Googleビジネスプロフィールは、顧客が「地域名×店舗名・サービス名」といった掛け合わせのキーワードを入力した際、近隣地域の店舗情報が表示されるサービスです。顧客の目的意識が明確なため、有益な情報を提供することで来店につなげることができます。そのため、企業側はGoogleビジネスプロフィール上で最新かつ、価値の高い情報を提供できるように心がけることが重要です。

また、Googleビジネスプロフィールには、店舗名や住所、電話番号などの情報を正しく入力する必要があります。店舗の住所が間違っていると、店舗の近隣に来ている顧客に正しい情報が提供できず、機会損失につながる可能性が高いからです。

したがって、Googleビジネスプロフィールを運用する際には、できるだけこまめに情報を更新して顧客にとって価値が高い情報を提供することが、収益向上の近道といえるでしょう。

Googleビジネスプロフィールの編集ができる人とは?

Googleビジネスプロフィールの編集ができる人は、基本的にGoogleアカウントを所有しているオーナーがメインオーナーとなります。オーナーになる人は複数設定することが可能です。最初にGoogleビジネスプロフィールにメインオーナーとして登録後、アサインできるようになります。

なお、Googleビジネスプロフィールの編集権限は「オーナー」「管理者」「サイト管理者」という区分でわけられており、それぞれ編集できる対象が異なる点が特徴です。

  • オーナー:メインオーナーは1名。オーナーはメインオーナーと同等の権限を持つ
  • 管理者:オーナーとほぼ同じ権限を持つ。ただし、Googleビジネスプロフィールページの削除権限やユーザー管理の権限は持たない
  • サイト管理者:管理者とほぼ同じ権限を持つ。ただし、ビジネス情報を編集するアクセス権限は持たない

なお、Googleビジネスプロフィールの編集権限については、以下の記事でも詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

【Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)運用】管理者アカウントの追加方法とは?

Googleビジネスプロフィールの編集できる項目

Googleビジネスプロフィールのダッシュボードにログインすると、店舗に関するさまざまな情報が編集できるようになります。これらに正確な情報と顧客にとって価値の高い情報を入力することが基本です。

店舗の情報

店舗情報として編集可能な項目を12個紹介します。

店舗の住所

店舗の住所を正確に入力します。住所を入れる際の注意点としては、自社のウェブサイトや紹介サイトなどに入力している情報と同じにすることです。例えば、郵便番号の有無や「1530011、153-0011」といった表記方法、住所の「1丁目1番、1-1」といった細かい内容を統一しましょう。

Googleの検索エンジンが他のサイトの情報も含めて判断するため、関連性が低いと判断されることで検索順位に悪影響を与える可能性があるからです。

サービス提供地域

自社店舗がサービスを提供する地域を選択して入力します。エリアの範囲を広くし過ぎると、競合店舗が増えることや顧客が検索している地域からの距離が離れ来店してもらえなくなる可能性が高まるので注意が必要です。そのため、サービス提供地域の範囲は慎重に決めましょう。

なお、サービス提供地域は20か所まで登録できますので、デリバリーのサービスを実施している店舗でも問題ありません。

電話番号

店舗の情報と同様、自社サイトや紹介サイトに掲載しているものと同じものを入力します。使っていない電話番号を入れるのはNGです。かならず担当者が対応できる電話番号を入力しましょう。

なお、Googleビジネスプロフィールでは地域性を強化するためにも、ここへ登録する電話番号はフリーダイヤルやフリーコールは避け、固定電話にすることがおすすめです。

営業時間

営業時間と休業日を入力します。Googleビジネスプロフィールでは開店時間や閉店時間はもちろん、テイクアウト、ブランチ、ハッピーアワー、ドライブスルー、受取、宅配・注文可能時間、入店可能時間など、さまざまなカテゴリーで使い分けることが可能です。

また、曜日や季節によって営業時間が異なる場合も、細かく情報を入力しておくことがポイントです。不定休の店舗の場合、営業中か休業日であるかを検索結果に示すためにも、こまめに更新することをおすすめします。

店舗の写真や動画

お店の外観や内装などの写真や動画をアップできます。例えば、接待で使えるお店であれば、個室の広さや雰囲気が分かりやすい写真を掲載することで、顧客にとって価値の高い情報になるでしょう。

店舗の外観は、来客時にわかりやすくするためにも、さまざまな方向から撮影したものをアップしておくことがポイントです。また、昼間と夜では外観の見え方がずいぶん変わるので、両方準備しておくとわかりやすいでしょう。

店舗の商品・メニュー・サービス

店舗の商品・メニュー・サービスは他社と差別化する一番のポイントなので、注力する必要があります。おすすめメニューは写真とともに掲載し、できるだけ見栄えがよくなるようにこころがけましょう。

また、メニューに顧客が入力しそうなキーワードを含まれていることがポイントです。例えば、渋谷の中華料理店であれば「ラーメン」「餃子」といったキーワードが入っていると効果的でしょう。

店舗の特徴・サービスオプション

店舗の特徴とは「飲食店」「美容室」「博物館」といった属性のことです。自社のサービスにもっとも近いものを選択しましょう。

次に、バリアフリー(車いす対応のトイレなど)やWi-Fiの有無など、サービスオプションを入力します。幅広い顧客に利用してもらうためにも、店舗の特徴やサービスオプションは充実させるべきでしょう。

店舗の説明文

店舗の特徴を記す説明文を750字以内で入力します。ただし、GoogleビジネスプロフィールにはGoogleのガイドラインによって記載NGの内容があるので注意が必要です。

例えば、間違った情報、ビジネスとは関係のない内容、特別なキャンペーンや特別料金の記載などを過度に協調する内容、リンクを含む内容などはガイドラインでNGにされているため、Googleから許可が下りない可能性が高いでしょう。

最悪の場合、Googleビジネスプロフィールのアカウントが停止される可能性もあるので慎重に入力しましょう。

店舗のウェブサイト

Googleビジネスプロフィールに登録する店舗のウェブサイトは「https://」を含む形式で入力する必要があります。アクセスさせたいサイトのURLを記入しましょう。

ぐるなびや食べログといった紹介サイトを使っている店舗も多いと思いますが、地域性を高め検索順位にポジティブな影響を与えるためには、可能であれば店舗のウェブサイトを独自に準備して、そちらのURLを掲載することをおすすめします。

予約用のリンク

Googleビジネスプロフィールの「予約リンク」上で、予約ページへのURLを記入することにより、顧客は Google から予約できるようになります。一方「事前注文リンク」上に発注ページへのURLを記入することで、顧客が配送や集荷の発注を Google から実施することが可能です。

支払い方法

支払い方法は「現金」「各種クレジットカード」「PayPayなどのQRコード決済」といった、顧客が利用できる決済手段を記入します。特にクレジットカードの利用可否に関しては、顧客が来店前に知りたい情報なので、必ず入力しておきましょう。

投稿

「投稿」では期間限定のキャンペーンやクーポン、新商品、イベントなどを顧客へ告知できます。例えば、最新情報、イベント、特典、商品、COVID-19の最新情報といった項目で告知が可能です。

なお、期間が設定されていない場合は、1週間後にアーカイブ化される仕様になっています。さらに、キャンペーンやクーポンの視聴回数を確認して分析できますので、今後のマーケティング施策にも活かせるでしょう。

コロナウイルス対応に関する項目

新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置に対応するために、顧客への情報提供に苦慮されている方は多いと思います。Googleビジネスプロフィールのダッシュボード上にある設定項目には「健康、安全」という属性が追加されているので、店舗で実施しているマスク着用の義務化や検温の可否といった安全対策や衛生対策の情報を表示することが可能です。

また、Googleビジネスプロフィールのホーム画面上で「COVID-19 関連最新情報」という項目が追加され営業時間の更新と、新型コロナウイルス関連の投稿が行えるようになりました。

一方、Googleビジネスプロフィールの画面上に「臨時休業」マークを表示できます。ただし「臨時休業」マークを表示させると、顧客が検索した際、Googleマップ上に店舗情報が表示されなくなる点に注意が必要です。テイクアウトやデリバリーのサービスを提供している場合は「臨時休業」マークを付けないようにしましょう。

口コミへの返信

編集とはやや意味合いが異なりますが、Googleビジネスプロフィールの運用においては口コミへの返信が非常に重要なポイントです。

Googleビジネスプロフィールのダッシュボード上で、顧客が投稿した口コミに返信できます。評価が星4以上など、良い口コミが増えると検索順位にポジティブな影響を与えるため、積極的に返信するようにしましょう。

良い口コミを投稿してくれた顧客に対してはお礼を述べることで、再来店の促進につなげられます。また「お店の人が返信をくれる!」と思ってもらえることで、新たな口コミを投稿してくれる可能性がある点もメリットです。

一方、評価が低いネガティブな口コミに対しても、真摯に対応しなくてはいけません。企業側に非があった場合は、謝罪も必要です。

口コミに丁寧に対応することで、顧客の信頼度を上げる効果が期待できますので、積極的に対応しましょう。

実際に、下記のようなコメントも。

このように、悪い口コミの場合でも、真摯に対応することがポジティブな印象につながる場合もあるため、返信するのが原則と考えておきましょう。全く返信をしない場合と比べると、真正面から謝り、改善を約束するほうが印象は良いです。

管理項目

Googleビジネスプロフィールの運用や更新を行うユーザーを管理する項目の編集もできます。ユーザーおよびビジネス情報の編集が可能です。

ユーザーの編集

Googleビジネスプロフィールの運用や更新を行うユーザーの追加、削除、権限の変更は、ダッシュボード上の「ユーザー」で実施できます。なお、ダッシュボード上「ホーム」の「ビジネスに管理者を追加する」から、Googleビジネスプロフィールの運用や更新を行うユーザーにメールを送ることで追加が可能です。

前述したオーナーと管理者が編集できる項目は、以下の図を参考にしてください。

ビジネス情報の編集

既存のビジネスの編集だけでなく、新たなビジネス(店舗やサービス)の追加も可能です。ダッシュボード上の「新しいビジネス情報を追加」をクリック(タップ)して、新たなサービスや店舗名を入力していきます。

基本的には、最初にGoogleビジネスプロフィールに店舗やサービスの情報を入力した流れと同様です。

PCとスマホ・タブレットアプリで編集できる項目が異なる

GoogleビジネスプロフィールはPCとスマホ、タブレットでは、編集可能な項目が一部異なります。PCのみ編集可能な項目と、スマホ、タブレットのみ編集可能な項目をそれぞれ紹介します。

スマホのみ利用できる項目

スマホ、タブレット版のGoogleビジネスプロフィールではメッセージの送信と、初回特典としてクーポンの発行が可能です。

メッセージの送信

Googleビジネスプロフィールでは、顧客が店舗へメッセージを送信できます。顧客が店舗側に詳細な問い合わせを行えますが、メッセージ機能を利用するためには、管理者かオーナーがスマホアプリ上からの設定が必要です。

アプリをインストールしてログインした後、スクロールして下に下がり「ユーザーからメッセージを受け取る」という箇所で「メッセージ機能を有効にする」をタップすれば、メッセージ機能を利用できるようになります。

また、顧客が問い合わせをしてきた際に表示されるウェルカムメッセージの編集も可能です。「誠にありがとうございます!」といったメッセージを添えることで、問い合わせをしてくれた顧客に感謝を示せるため、顧客も安心して利用できるようになるでしょう。

メッセージ機能が使えるようになると、顧客と店舗側のスタッフがチャット上で会話できるようになります。迅速に顧客の課題解決や不安解消を実現し来店を促すためにも、できるだけ早めに回答することが大切です。

初回特典の作成

スマホ・タブレット版のGoogleビジネスプロフィールでは、初回特典の作成ができます。なお、初回特典を付与できる顧客は、店舗のフォローをはじめてしてくれた方が対象です。

TOP画面の右下にある「投稿」をタップし「特典を追加」をタップしましょう。すると「イベント」「特典」といったタブの並びに「初回特典」があるので、こちらを選択します。

ここでは以下の項目を設定可能です。

  • 写真や動画
  • 特典のタイトル
  • 特典の説明
  • クーポンコード
  • 利用可能な時期
  • 利用規約
  • ウェブサイトのURL

初回特典は店舗のフォロワー施策に有効な手段で、来客してくれた顧客に「今、フォローしてくれたらクーポンを発行します」といった施策の実施もできるでしょう。

一方、新規・既存、関係なく顧客全体に特典を発行したい場合は、先ほどのタブの中から「特典」を選択して設定できます。

PCのみ利用できる項目

次に、スマホでは編集できませんが、PCのみ編集可能な項目が、各種リンクの編集と、特徴の編集、そしてウェブサイトの編集です。それぞれについて解説します。

各種リンクの編集

PC版のGoogleビジネスプロフィールではウェブサイトのリンクのほかに、メニューリンクと事前注文リンク、予約リンクの設定が可能です。こちらはスマホ版のGoogleビジネスプロフィールでは設定できません。

したがって、メニューリンクと事前注文リンク、予約リンクの設定を行う場合には、PC版でログインして設定する必要があります。顧客に提供する情報を充実させるためにも、忘れずに設定しておきましょう。

特徴の編集

PC版のGoogleビジネスプロフィールでは、細かい店舗属性の設定が行えます。上図サービス以下の項目をクリックすると、詳細な属性を設定できる画面が表示されます。

こちらで設定できる項目は、以下の通りです。

  • バリアフリー:車椅子対応のエレベーターやトイレなど
  • 設備:無料Wi-Fi、禁煙など
  • 客層:家族向け、トランスジェンダー対応など
  • 食事:ディナー、ケータリング、座席の有無など
  • 健康・安全:要予約、要マスクなど
  • 特徴:飲み放題あり、生演奏あり、暖炉があるなど
  • メニュー:アルコール、キッズメニュー、ベジタリアンメニューなど
  • プラン:予約可など

上記を細かく設定することで、顧客が希望する店舗を見つけやすくなることはもちろん、競合との差別化要素を明確化できます。スマホで設定し忘れている店舗の特徴がないか確認するためにも、必ず1度はPC版でログインして確認しておきましょう。

ウェブサイトの編集

PC版のGoogleビジネスプロフィールには、ウェブサイト作成機能が付いており、簡易的に店舗のウェブサイトを作成できます。

PC版のGoogleビジネスプロフィールのダッシュボードにある「ウェブサイト」をクリックすると、画面の指示に従うことで店舗のウェブサイトを作成することが可能です。ここで作ったウェブサイトには、Googleビジネスプロフィールの各種項目が自動で反映されますので、非常に使い勝手がよいでしょう。

なお、ウェブサイトを編集する場合も、PC版のGoogleビジネスプロフィールからアクセスする必要があるので、スマホ版だけではメンテナンスができません。

Googleビジネスプロフィールの情報を編集するポイント

Googleビジネスプロフィールの情報を編集する際には、正しく入力する以外にもいくつか押さえるべきポイントがあります。代表的なものを3つ紹介するので、参考にしてみてください。

まずは「ビジネスプロフィールを作成する」100%を目指す

Googleビジネスプロフィールのダッシュボード上には「ビジネスプロフィールを作成する」という項目があります。これはGoogleが推奨する店舗情報が、現在どの程度入力されているかを示す割合です。

したがって、Googleビジネスプロフィールの情報を編集する際には、まず「ビジネスプロフィールを作成する」を100%にすることを目指しましょう。

顧客のニーズに合わせた情報を掲載する

Googleビジネスプロフィールの情報を編集する際には、顧客のニーズに合わせた情報を掲載するように心がけましょう。Googleビジネスプロフィールは、顧客が特定の地域で受けたいサービスや食べたいものなどを探すことがメインのサービスです。そのため、顧客がどのような情報を欲っしているのかリサーチし、必要な情報を網羅しておく必要があります。

業種によっても顧客が知りたい内容は大きく異なるので、同業種の競合がどのような情報を掲載しているか参考にしつつ、不足している情報があった場合は追加しましょう。

また、Googleビジネスプロフィールの管理画面上で、顧客のアクセスログが確認できますので、そちらのデータを分析して、どのような情報にアクセスしているのか確認しておくことも大切です。さらに、来店した顧客にアンケートなどを取っておくと、価値の高い情報を追加できるようになるでしょう。

一方で、顧客がどのようなキーワードで検索をかけるのかという部分に留意することも重要です。例えば、恵比寿のエステであれば「恵比寿×エステ」というキーワードを、情報の中に含む必要があります。また、口コミの中にも同様のキーワードが含まれていることで、検索順位の向上につなげることが可能です。

なお、ダッシュボード上のインサイトで、顧客の動向を確認できますので、定期的に内容を確認しておくことも来店者数を増やすためには欠かせない運用といえます。

検索結果の写真は自動選定される

Googleビジネスプロフィール上に掲載する写真は、すべて顧客にとって魅力のあるものを準備しておくことが重要です。Googleビジネスプロフィールの検索結果に表示される写真はGoogleのアルゴリズムによって自動選別されるため、店舗側では選べません。

写真を登録する際、カバー写真を設定できますが、これが絶対に表示されるわけではないので注意しましょう。

なお、準備しておく写真は、顧客が求める情報にマッチしたものを準備しておくことも大切です。例えば、美容院であれば髪型と性別ごとに写真を準備しておくなど、店舗のアピールや差別化につながる写真を表示できれば、来店促進につながりやすいでしょう。

まとめ

Googleビジネスプロフィールには、さまざまな編集項目があるので、まずはどのような項目があるか把握し「ビジネスプロフィールを作成する」を100%にするところからはじめましょう。また、魅力的な画像の準備や、顧客からの問い合わせや口コミに丁寧に対応できる体制を準備しておくことも重要です。

また、パソコン版のGoogleビジネスプロフィールであればウェブサイトの作成も簡単に行えます。「ぐるなびやホットペッパーしかない……」「自社ホームページがない」という場合でも、地域色を活かしたウェブサイトを作成できますので、集客効果を高められるでしょう。

 

Googleビジネスプロフィールは無料で利用できる非常に便利なサービスですが、運用には課題があります。

それは「アカウントを1店舗ずつ作成し、管理・運用する必要がある」ため、店舗を複数構えている企業様にとっては運用体制の構築、そして、運用作業自体に膨大な工数がかかり、満足のいく運用が現実的ではない仕様になっていることです。

集客増加のためには、正しい情報を更新することはもちろん、投稿施策や口コミ返答、分析など、適切なノウハウを持って運用しないと効果が得られません。

 

Googleビジネスプロフィール・HP・SNS情報の一括管理サービス「Canly(カンリー)」は、上記のような課題を解決するサービスです。

管理画面上で店舗情報を一括で管理・運用・分析ができるシステムに加え、大手チェーン企業様を中心に20,000店舗以上の支援実績を持つ専任のコンサルタントが、運用支援までコミットするサービスとなっております。

 

もし、Googleビジネスプロフィール運用に関心をお持ちの方、また、活用する中で少しでもお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

「Canly(カンリー)」のサービスサイトはこちら

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら

資料ダウンロード