1. ホーム
  2. コラム
  3. ローカルSEO(MEO)ツールとは?導入メリットやおすすめツールを紹介

ローカルSEO(MEO)ツールとは?導入メリットやおすすめツールを紹介

2022年4月28日(木)

Googleビジネスプロフィール

この記事からわかること

  • ローカルSEOツールの概要
  • ローカルSEOにツールを活用するメリット
  • ローカルSEOに活用できるおすすめのツール

近年、居酒屋やカフェといった飲食店、美容室やエステなどの店舗を経営している企業の多くが、ローカルSEO(MEO)に注力しています。端的に説明すると、ローカルSEOとはマップ上に店舗情報を掲載し、マップ経由の来訪を増やすための施策です。

しかし、ローカルSEOの実施には手間がかかるうえ、ノウハウがなければ的確な運用は難しいものです。そこでおすすめしたいのがローカルSEOツールの活用です。

今回はローカルSEOツールの概要やメリット、おすすめのツールを紹介するので参考にしてみてください。

そもそもローカルSEO(MEO)とは?

そもそもローカルSEOとは、Googleの検索エンジンやGoogleマップ上に店舗情報を掲載し、マップ経由の来訪を増やすための施策で、特定の地域に特化したSEO(Search Engine Optimization:検索エンジンの最適化)のことです。

例えば「五反田 焼き鳥」「目黒 エステ」といった特定の地域名とキーワードを掛け合わせて検索したときに、検索結果の上位に表示されることを目指すSEO施策といえます。

従来の検索エンジンで上位表示されるのは、大量に広告出稿をしている大手企業の店舗やサービスが中心でした。しかし、ローカルSEOはユーザーが特定の地域で実施したい行為が明確なため、中小企業をはじめとした店舗やサービスが上位表示されやすい点がメリットです。

したがって、ローカルSEOを実施することで、集客数増加や店舗の認知度拡大といった効果が期待できます。

ローカルSEOとMEOの違いとは?

結論からいえば、ローカルSEOとMEOは同じものです。

MEOとは「Map Engine Optimization」の略語で、日本語では「マップエンジンの最適化」と訳されます。ローカルSEOとMEOという同じ意味の言葉が2種類も存在する理由は、使われる地域によって名称に違いがあるからです。

欧米をはじめとした海外においては、Googleマップの上位表示施策をローカルSEOと呼ぶことが一般的ですが、日本ではMEOという言葉が用いられる場合があります。

なお、MEOは日本独自の言葉です。したがって、海外の方には通用しない可能性が高いため注意しましょう。

ローカルSEOにツールを活用するメリット

ローカルSEOツールを導入するおもなメリットは以下の5つです。

  • Googleビジネスプロフィールのインサイトを可視化できる
  • ユーザーが投稿した口コミの管理と分析が可能
  • キーワード別の順位を確認することが可能
  • 競合の状況が把握できる
  • 業務効率化を実現できる

多くのローカルSEOツールにはGoogleビジネスプロフィールのインサイトを可視化できる機能が提供されています。そのため、自社店舗の状況が簡単に確認できるため、課題が素早く把握でき、ローカルSEO施策の検討、実施がスムーズに行えるでしょう。

また、ローカルSEOを成功させるためには、口コミの数と質が非常に重要です。ローカルSEOツールには口コミを管理して分析できる機能を提供しているものもあるため、有効活用することで検索順位の向上が期待できます。

ローカルSEOはリアルタイムな情報提供が重要なため、運営工数が多くかかる点がデメリットだといえます。そのため、ローカルSEOツールには業務効率化につながる機能が提供されていることが一般的です。

例えば、自社店舗のGoogleビジネスプロフィールの内容を更新するためには、通常は即時投稿しか行えませんが、ツールによっては投稿の予約ができる機能が提供されています。これにより、更新内容を前もって準備しておけば、指定の時間に自動で更新できるようになるため、スタッフが張り付く必要がありません。

現在、ローカルSEO施策で多くの工数がかかっているものがある場合は、それを改善できる機能が提供されているか確認しておくことが大切です。

ローカルSEOツールにデメリットはある?

ローカルSEOツールのデメリットを挙げるとすれば、利用するための費用が発生する点です。

ローカルSEOツールの中には無料で提供されているものもありますが、多くが有償で提供されています。そのため、費用対効果に合わないツールを導入しないように注意が必要です。

ローカルSEOツールを導入する場合は、次章以降で紹介する内容も踏まえ、慎重に検討しましょう。

ローカルSEOツールでできること

ローカルSEOツールにはさまざまな機能が提供されています。その中で、代表的な機能を3つ紹介します。

地域別の検索結果

ローカルSEOツールを活用することで、地域別の検索結果が把握できます。

エリアごとに自店舗がどれだけ検索されたかについては、Googleビジネスプロフィールのインサイトでも確認できますが、順位の内訳までは把握できません。そのため、エリアごとの自店舗の強み・弱みが可視化されるため、より緻密なエリアマーケティングが行えるようになる点がメリットです。

レポート出力

ローカルSEOツールには、さまざまなデータをレポートとして出力できる機能が提供されていることが一般的です。

ローカルSEOの運用を行っているスタッフが、上司などに報告する際には、資料を作成する必要があるでしょう。そのような場合でも、定期的な結果をレポートとして出力できれば、資料作成の工数を大幅に抑制できます。

一方、ローカルSEOを成功させるためには、多くのノウハウが必要になるため、過去に行った施策の結果を社内で共有することが重要です。定期的にレポートを出力しておけば、社内のスタッフがいつでも確認できますので、全社的なノウハウ共有が簡単に行えます。特に飲食店などスタッフの入れ替わりが多い業種の場合は、引き継ぎの際にも有効活用できるでしょう。

おすすめローカルSEO(MEO)ツール

ローカルSEOツールには国内外含めたくさんのツールが提供されています。その中でおすすめのローカルSEO(MEO)ツールを5つ紹介するので参考にしてみてください。

Canly(カンリー)

「Canly(カンリー)」はGoogleビジネスプロフィールやYahoo!プレイスなど、複数の店舗情報や口コミを一括管理・分析することで、管理・運用コストを削減し、集客効果の向上が期待できるローカルSEO(MEO)ツールです。

例えば、情報を更新したい店舗だけ選択することで一括更新が可能なため、運用にかかる工数とヒューマンエラーの発生を大幅に削減できます。また、キャンペーン情報やクーポンなど、投稿したい店舗を選択することでまとめて投稿でき、スタッフの手が空いた時間に更新作業が行える点もうれしいところです。

ローカルSEO(MEO)で重要な口コミ対応についても、全店舗の口コミを管理画面でまとめて閲覧、ダウンロードすることが可能です。返信テンプレートを設定することで返信効率を大幅に改善できます。

さらに、競合やエリアごとのデータ分析を簡単に行える機能やユーザーからの情報修正申請を365日24時間システムが監視し、悪質な改ざん申請をチェックする機能も利用できます。

 

CanlyはローカルSEO(MEO)をこれからはじめる企業をサポートするために、以下3つのサービスを提供していますので、ぜひご活用ください。

 

1.社内での運用体制の構築をサポート

ワークフロー機能を活用し、現場を巻き込んだオペレーション構築のサポートを実施。口コミ返信や投稿などの実働は貴社スタッフが担当し、店舗責任者や本社の方が承認する体制を整えることで、均一化した情報発信を実現します。

 

2.MEO対策に関するノウハウ共有

全国20,000店舗を超えるGoogleビジネスプロフィールの運用代行で培ったノウハウをご提供し、貴社内での自立運用に向けてサポート。定例会議を通した、運用状況のご報告、最新情報のご提供、機能アップデート情報のご案内など、Googleビジネスプロフィール運用を継続的にサポートするので安心です。

 

3.新店舗開設時のサポート

新店舗開店時に必要なアカウント作成やオーナー確認などの手続きを代行

 

  • 「Canly(カンリー)」資料ダウンロードはこちら
  • 「Googleビジネスプロフィール」お役立ち資料はこちら

MEOチェキ

「MEOチェキ」は検索順位の計測と分析、管理をワンストップで対応可能なローカルSEOツールです。

確認したいエリアとキーワード別に、日次および前日比較で定量的に順位を確認できます。また、検索結果の画面を画像保存することも可能です。GoogleビジネスプロフィールのインサイトとAPI連携しているため、過去のデータを使って簡単に分析が行える点もうれしいところです。

さらに、ログを保存できるメモ機能や更新の予約機能もあり業務効率化も期待できます。MEOチェキは無料トライアルが提供されているので、試しに使ってみてもよいかもしれません。

On map eye

「On map eye(オン マップ アイ)」はGoogleマップの検索順位を定点するだけでなく、指定した期間の推移も確認できるローカルSEOツールです。

Googleビジネスプロフィールのインサイト情報も同様に期間で確認できますので、ローカルSEO施策の効果測定を効率よく実施できるでしょう。ローカルSEOを成功させるためには、適宜PDCAを回しながらトライ&エラーを繰り返すことが必須のため、施策を投下した前後の比較がしやすい本ツールの機能は非常に便利です。

On map eyeのユーザーに対して、ベンダーから定期的なMEOレポートが提供されておりノウハウが共有されるそうなので、自社施策の参考にしてみてはいかがでしょう。

Gyro-n MEO順位チェックツール

「Gyro-n(ジャイロン)」はGoogleマイビジネスの設定や分析を一元管理でき、かつ自動でGoogleマップの検索順位を確認できるローカルSEOツールです。

Gyro-nは多店舗のGoogleマイビジネスをスムーズに管理でき、一括更新・一括予約機能やインサイトの分析、自動レポート機能、編集・改ざんブロック機能など、ローカルSEOを効率よく実施できる機能が数多く提供されています。また、Instagramとの連携機能も搭載されており、写真を強化したい場合に重宝するでしょう。

Promost MEO順位チェックツール

Promostが提供する「MEO順位チェックツール」は、毎日1位~20位までの順位チャートを確認できるローカルSEOツールです。

キーワードやエリアごとにチャートを確認することも可能で、順位の履歴を可視化できる点がメリットだといえるでしょう。また、MEO順位チェックツールにはGoogleマイビジネスの口コミを管理し、自動でチェックできる機能が提供されているので、業務効率化にもつながります。

MEO順位チェックツールにも14日間の無料トライアルが提供されているため、有償版へ登録する前に、操作感や機能を確認してみることをおすすめします。

ローカルSEOツールの選び方

ローカルSEOツールはたくさんの種類があるため、自社に合うものを見つけるのは大変かもしれません。そこで、以下3つのポイントでローカルSEOツールを選んでみることをおすすめします。

費用と機能のバランス

ローカルSEOツールを利用するためには費用が必要です。そのため、費用と機能のバランスがとれたツールを選ぶことが不可欠といえます。

そのためには、ローカルSEOで解決したい課題の棚卸を行い、必要最低限の機能を絞り込む必要があります。そのうえで、絶対に必要な機能とあったらよい機能、必要ない機能を可視化しておけば、ローカルSEOツールを選びやすくなるでしょう。

むやみに高いツールを導入しても、使わない機能が多ければコストの無駄です。本当に必要な機能が提供されているツールで、かつもっとも安価なものを選択することが重要でしょう。

サポート体制

ローカルSEOツールは機能も重要ですが、それ以上に重要なものがベンダー側のサポート体制です。ローカルSEOツールを使うスタッフが使いこなせない煩雑なツールを導入しても、内製化できなければ意味がありません。

また、ローカルSEOを成功させるためには、たくさんのノウハウが必要なので、専門家によるサポートを受けながらトライ&エラーを繰り返した方が、成功する確率も上がるでしょう。

まとめ

ローカルSEOはたくさんのノウハウが必要なうえに、施策のトライ&エラーも必要です。したがって、可能な限り効率化するためにもローカルSEOツールを有効活用することをおすすめします。

今回紹介したCanlyは複数店舗の管理・情報更新の作業を効率化できますので、チェーン展開をしている企業様に最適なツールです。また、20,000店舗以上の支援実績を持つ専任のコンサルタントによるローカルSEO対策支援も提供しておりますので、はじめてローカルSEOツールを利用する方や、ITリテラシーに自信のない方でも安心してご利用いただけます。

Canlyのサービスについては以下のサイトから詳しい情報をご確認いただけますので、お気軽にアクセスしてみてください。

  • 「Canly(カンリー)」資料ダウンロードはこちら
  • 「Googleビジネスプロフィール」お役立ち資料はこちら

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら

資料ダウンロード