1. ホーム
  2. コラム
  3. Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)とGoogle広告を連携させるメリットと手順

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)とGoogle広告を連携させるメリットと手順

2022年4月28日(木)

Googleビジネスプロフィール

店舗ビジネスではGoogleビジネスプロフィールの運用が欠かせないものといえます。さらにGoogle広告と連携することで、Googleマップ上に広告掲載が可能となり、自店舗の露出度が高まります。

本記事では、GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告を連携させるメリットや、手順をご説明します。Googleビジネスプロフィールを活用した集客を検討している場合は、参考にしてください。

Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)とは?

Googleビジネスプロフィールは、Googleが無料で提供するビジネスオーナー向けの情報管理ができるツールです。店舗や事務所の情報を編集することで、検索したユーザーに表示されます。

また、ユーザーによる口コミの投稿も可能であり、集客に効果が期待できます。Googleビジネスプロフィールを活用した集客はさまざまな業種で行えます。

  • 飲食店
  • 販売店(小売業)
  • 美容室
  • エステサロン
  • 医院
  • スポーツジム
  • クリーニング店
  • 士業の事務所
  • 学習塾 など

また、Googleビジネスプロフィールで掲載できる内容や機能は以下をご覧ください。

  • 店舗情報(店名、住所、電話番号、営業時間、公式サイト)
  • 投稿(セールやキャンペーンなどの情報表示)
  • 店舗の内装、外装、商品やメニューなどの写真
  • 口コミへの返信
  • アクセスの分析
  • 簡易的なWebサイトの構築

以上のように、さまざまな機能を無料で利用できる点がGoogleビジネスプロフィールの魅力です。集客になかなかコストが割けない場合は、使う価値があるでしょう。

 

なお、Googleビジネスプロフィールに登録すると、パソコンの検索結果画面では右側に表示されます。スマホ画面では検索結果よりも上部に表示されるため、PCよりも目立ちます。

また、Googleビジネスプロフィールに登録している場合とそうでない場合を比較すると、検索時の結果表示の情報量が違います。当然ながらGoogleビジネスプロフィールに登録すると、お店に関する豊富な情報が掲載されます。

しかし、未登録の場合は店舗名で検索しても、インターネット上に投稿したユーザーの写真など限られたものしか表示されません。口コミがあっても返信できないことがあり、情報の少なさから、ユーザーが実在する店舗であるか判断できないことがあります。

ユーザーからの信用を得るには、やはり情報量が多いほうが良いわけです。まだ登録していない場合は、ぜひ登録して運用を開始しましょう。

GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告を連携する効果

Googleビジネスプロフィールは、単体で活用しても運用次第で集客効果を得ることが可能です。さらに集客に効果を得たい場合は、Google広告との連携が適しています。ここからは、GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告を連携する効果をご説明します。

Googleマップや検索画面に広告を出せる

GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告の連携により、Googleマップや検索画面に広告を表示できるようになります。これをローカル検索広告と言います。

ローカル検索広告は、検索結果において通常の検索結果よりも上に表示されます。つまり、より集客効果を高められるのです。

ローカル検索は、店舗を検索しているユーザーにアプローチできることや、クリック課金により費用対効果が高められることも魅力です。

なお、ローカル検索広告のクリック課金は、ユーザーのアクションによって選ぶことができます。具体的には、場所の詳細(広告をクリックして展開)のクリック、ルート検索のクリック、モバイルのClick-to-Call(クリックして店舗に電話する)のクリック、Webサイトのクリックです。

細かな設定ができる点もGoogle広告のメリットでしょう。

広告に住所を表示できる

Google広告に出稿すると、広告と同時に住所や地図の表示が可能です。表示された住所をユーザーがクリックすることでGoogleマップに移り、Googleビジネスプロフィールの情報を確認できます。

ユーザーにしてみると、店舗情報やアクセス情報を簡単に確認することができて、来店しやすくなります。また、広告に住所が表示されると、検索画面の占有箇所を増やす効果があり、クリック率にも好影響です。

ただし、PC画面よりもモバイル画面は掲載される情報が限られているため、店舗情報は漏れなく入力しておきましょう。入力しない項目があることで、PC画面もしくはモバイル画面で表示されない内容が出てきます。

来店コンバージョンが計測できる

来店コンバージョンとは、広告の閲覧やクリックがどれだけ来店につながっているかを指します。GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告を連携すると、来店コンバージョンにつながっているかを計測できます。

これにより、出稿した広告の効果を判断して、集客に最適な広告配信を判断できます。一般的なコンバージョンは、ECサイトなどにおけるユーザーの総合的な行動を示しますが、来店コンバージョンは来店につながった結果のみを測ります。

 

来店コンバージョンを利用するには一定の条件を満たす必要があります。来店コンバージョンが適用される国に所在していること、宗教や性的なコンテンツなどを扱っていないこと、広告のインプレッション数やクリック数が一定程度来店につながっていることなどが条件となっています。

端的にいうと、Google広告の運用で実績がないと来店コンバージョンが利用できません。運用を始めたばかりでは利用できないわけです。

店舗の位置に基づく広告配信や入札調整ができる

Googleビジネスプロフィールに登録されている住所と、ユーザーが検索する場所によって広告配信が可能です。広告が出せるのは、Googleビジネスプロフィールに登録している住所から一定距離にいるユーザーです。

その距離に応じて広告の入札単価の調整や、エリアを限定した広告配信も可能です。中でもフィルターを活用した広告配信が便利です。例えば、フレンチと中華料理などテイストの違う飲食店を経営していたとします。

このケースで会社名が検索されても、フレンチのみが表示されるフィルターをつくることができます。グループやカテゴリ単位、キャンペーン単位で広告が表示できるため、状況に応じて運用できるでしょう。

GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告の連携方法

ここではGoogleビジネスプロフィールとGoogle広告の連携方法をご紹介します。両者を連携する手順は大きく分けて以下の3点となります。

Googleビジネスプロフィールへ登録

まずはGoogleビジネスプロフィールに登録しましょう。前述のとおり、Googleビジネスプロフィールは無料で利用できます。アカウントの登録もさほど手間がかかりません。

ただし、Googleビジネスプロフィールの前にGoogleアカウントを取得することになります。店舗用のGoogleアカウントを取得していない場合は、先に登録しておきましょう。

また、すでにGoogleマップで店舗が掲載されているかどうかによって、Googleビジネスプロフィールの登録方法が異なります。自店舗がGoogleマップに登録されているかどうかは、Google検索で自店舗名がヒットするかで確認できます。

以下でそれぞれの流れを端的にまとめていますので、ご覧ください。

 

■Googleマップに店舗が掲載されている場合

  1. Googleアカウントの取得
  2. 登録内容の確認(店舗情報で表示されている内容)
  3. 確認コード(ビジネスオーナー認証に必要なコード)の取得を申請

いずれもGoogleマップ画面で行えます。

 

■Googleマップに店舗が掲載されていない場合

  1. Googleアカウントの取得
  2. Googleビジネスプロフィールにアクセス
  3. 必要事項を順番に入力

または、Googleマップ上で店舗の住所を入力して「地図に載っていない場所を追加」からの登録も可能。

 

以上のいずれかによりGoogleビジネスプロフィールに登録してください。

ビジネスオーナー認証

Googleビジネスプロフィールに登録が済んだら、ビジネスオーナー認証に進みます。ビジネスオーナー認証を終えることで、来店コンバージョンを計測することが可能です。

Googleビジネスプロフィールに登録すると確認コードが記載されたハガキが届きます。ハガキが到着したら、管理画面にログインをして記載されている5桁の確認コードを入力、コード送信を行ってください。

Google広告の住所表示オプションで連携設定

前項までの流れを一通り終えたら、Google広告との連携を行いましょう。両者の連携はGoogle広告の管理画面で行います。具体的な手順は以下を参考にしてください。

  1. Google広告にログインして管理画面を開く
  2. 管理画面の「広告と広告表示オプション」を選択する
  3. 「広告表示オプション」を選択する
  4. 「+」を選択して「住所表示オプション」を選ぶ
  5. 連携するGoogleビジネスプロフィールを選ぶ
  6. 5の手順の後に、Googleビジネスプロフィールに登録されているアドレスにリクエストを送信して承認する

 

以上の手順でGoogleビジネスプロフィールとGoogle広告の連携が完了します。

連携後の広告設定手順

GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告を連携した後は、住所表示オプションやローカル検索広告の設定を行いましょう。以下で手順をご紹介します。

住所表示オプションの設定

住所表示オプションは、アカウントやキャンペーン、広告グループなど、それぞれの単位ごとに設定が可能です。

  1. Google広告にログインして管理画面を開く
  2. 「広告と広告表示オプション」を選択する
  3. 「広告表示オプション」を選択する
  4. 「+」を選択する
  5. 「同期しているビジネス情報」などの項目から選ぶ

以上の流れで住所表示のオプションを設定しましょう。より柔軟にフィルターをかけて広告を管理したいときは「ラベル」を利用してみてください。複数のラベルを設定できるため「新規オープン時」「来訪者●人以下」など、状況に応じた内容に設定すると運用がしやすいです。

ローカル検索広告の設定

ローカル検索広告は、前項でご紹介した「住所表示オプション」を設定することで掲載が可能になります。つまり、住所表示オプションを設定した段階で、ローカル検索広告と通常のリスティング広告を同時に掲載することが可能です。

住所表示オプションの設定が済んだら、Google広告でキャンペーンを作成します。ローカル検索広告では、リンク用の画像やテキスト、ランディングページが不要であり、検索ワードのみで設定します。

このため、自店舗の地域とカテゴリを設定します。「新宿 カフェ」「大阪 居酒屋」などを組み合わせて設定しましょう。

店舗集客にGoogle広告を活用する際のポイント

店舗集客にGoogle広告を活用する際は、以下の3点がポイントです。それぞれの内容を理解して取り組んでみてください。

入札エリアを細かく設定する

入札エリアを細かく設定することで、商圏内のユーザーにアプローチがしやすいです。店舗ビジネスは商圏が決まっていますので、広告の配信エリアを絞るなどの工夫が必要です。

Googleのローカル検索広告は、地域の指定だけではなく距離の指定も設定できます。「店舗から10~15㎞圏内」などと設定することで、情報の分散が防げます。

広告配信では商圏のユーザーにいかに興味を持ってもらえるかを意識して、配信エリアを決定しましょう。

ローカル検索広告に合わせたキーワード設定

ローカル検索広告に合わせたキーワード設定もポイントです。Google広告で住所表示オプションが追加されると、自動で広告が配信されます。ただし、Googleビジネスプロフィールの情報で広告が配信されるのは、店舗情報を調べるためのキーワードが対象となっています。

ですから、地域キーワードとの組み合わせや場所のキーワード、店舗名などを追加しておくと表示されやすくなります。

複数店舗はラベルで分類する

前述しましたが、ラベルで分類することで広告の運用がしやすいです。ラベルは最大で10個まで設定できますが、複数の条件を設定する場合は最大3個までとなります。

特に複数の店舗を運営しているときはラベルで分類することをおすすめします。「フレンチ」「たこ焼き」「ラーメン」など、店舗のカテゴリで分類したり「東京」「仙台」など、エリアで分類したりしても良いでしょう。

 

ラベルの設定は、以下を参考にしてください。

  1. Google広告にログインして管理画面を開く
  2. 「広告と広告表示オプション」を選択する
  3. 「広告表示オプション」を選択する
  4. 「+」を選択する
  5. 「同期しているビジネス情報」などの項目から選ぶ
  6. ラベルを設定

以上の流れでラベルを決めてみてください。

まとめ

GoogleビジネスプロフィールはGoogle広告と連携して、より集客の効果を向上させることが可能です。店舗ビジネスであれば、GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告の連携後は、住所表示オプションやローカル検索広告の設定により細かな配信設定が可能です。

Googleビジネスプロフィール・HP・SNS情報の一括管理サービス「Canly(カンリー)」は、管理画面上で店舗情報を一括で管理・運用・分析ができるシステムに加え、大手チェーン企業様を中心に20,000店舗以上の支援実績を持つ専任のコンサルタントが、運用支援までコミットするサービスとなっております。

もし、Googleビジネスプロフィール運用に関心をお持ちの方、また、活用する中で少しでもお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

「Canly(カンリー)」のサービスサイトはこちら

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら

資料ダウンロード