1. ホーム
  2. メディア
  3. 店舗が閉業、アカウントが重複した場合のGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)運用について

店舗が閉業、アカウントが重複した場合のGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)運用について

2022年1月11日(火)

Googleビジネスプロフィール

この記事からわかること

  • 閉業した場合のGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)ページの設定方法がわかる
  • Googleマップ上で重複した場合の対処法がわかる

Googleビジネスプロフィールページは下記3つのいずれかによってGoogle上に店舗ページが作成されます。

  1. ネット上の情報から店舗情報をマップに掲載する場合
  2. Googleマップユーザーが地図上に「ここに店舗があるよ」という申請を行った場合
  3. 店舗のオーナーがGoogleビジネスプロフィールにて新規作成した場合

今回は閉業した際や同一店舗のGoogleビジネスプロフィールページが重複した場合の対処法について紹介いたします。

※Googleマイビジネスは、2021年11月にGoogleビジネスプロフィールに名称変更しております
現時点では、機能面での大きな変更は発表されていないため、従来の
Googleマイビジネスの機能に沿って解説していきます。

1.閉業した場合の対応について

閉業した場合は、閉業した店舗のGoogleビジネスプロフィールページに「閉業マーク」を付ける必要があります。

1-1.Googleビジネスプロフィールページを管理している場合

Googleビジネスプロフィールページを管理している場合は、Googleビジネスプロフィールページの管理画面から閉業の設定をすることができます。

ビジネスプロフィールが 1 つだけの場合

  1. パソコンで Google ビジネスプロフィールにログインします。
  2. 画面左にあるメニューで [情報] をクリックします。
  3. [このリスティングを閉業、または削除する] [閉業マークを付ける] [OK] の順にクリックします。

このプロフィールは、Google マップと Google 検索で、閉業マーク付きで表示されます。

プロフィールが複数ある場合

  1. パソコンで Google ビジネスプロフィールにログインします。
  2. ビジネスのリストから、閉業としてマークするビジネスをすべて選択します。
  3. 上部のツールバーで、[アクション] [閉業] をクリックします。
  4. その他アイコン [閉業マークを付ける] をクリックします。
  5. 確認メッセージが表示されるので、再度 [閉業マークを付ける] をクリックします。

このビジネスは、Google マップと Google 検索で、閉業マーク付きで表示されます。

参考:「ビジネスに閉業マークを付ける

1-2.Googleビジネスプロフィールページを管理していない場合

Googleビジネスプロフィールページを管理していない場合は、Googleマップユーザーとして閉業申請をする必要があります。

  1. 閉業申請する店舗のGoogleビジネスプロフィールページを表示します
  2. 「情報の修正を提案」をクリックします
  3. 「この場所を削除」をクリックします
  4. 理由のいずれかを選択
  5. 「送信」ボタンをクリックする

Googleマップユーザーとして閉業申請を行った場合はGoogleの審査を通過した場合、店舗ページが表示されなくなります。(いつ反映されるかはGoogle側が明示しておりませんので不明です。)

ただし、今後Googleを使用するユーザー側からの申請によって店舗ページが作成されてしまう場合があります。その際には上記の「削除申請方法」を再度行ってください。(ユーザーから申請をできなくする方法は現状ではありません。)

2.店舗ページの重複について

Googleマップ上で同一店舗のページが2つ以上表示された場合を「重複」といいます。

重複してしまった場合は、口コミなどが2つのGoogleビジネスプロフィールページに書かれてしまうなど、デメリットが多いので、早急に削除の対応をしましょう。

Google マップで重複したビジネス情報を報告する方法

Google マップで重複したビジネス情報を報告するには:

  1. Google マップを開きます。
  2. 報告するビジネス情報を表示します。
  3. [情報の修正を提案] をクリックします。
  4. [閉業している、または存在しない場所] をクリックします。
  5. 理由として [重複] を選択します。
  6. [送信] をクリックします。

参考:「重複したビジネス情報を削除または報告する

3.まとめ

今回は閉業した場合と重複した場合のGoogleビジネスプロフィールページ上での対応方法を紹介しました。

緊急事態宣言などで臨時休業している店舗なども多く見受けられ、営業時間がズレている問題がGoogleマップユーザーとGoogleビジネスプロフィールページの利用者の中で起きました。Googleビジネスプロフィールページでは必ず適正な情報を提供するようにしましょう。

弊社では複数店舗を運営されている方向けにGoogleビジネスプロフィールページの一括管理ができる新サービス「Canly」を提供しています。
是非一度Canlyサービスページもご覧くださいませ。

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら