1. ホーム
  2. コラム
  3. 【Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)とは③】ブランド検索と検索数のインサイト

【Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)とは③】ブランド検索と検索数のインサイト

2021年12月15日(水)

Googleビジネスプロフィール

この記事からわかること

  • ブランド検索とはなにか
  • 直接検索、間接検索、ブランド検索の違い
  • 各項目のインサイトの閲覧方法

これまでGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の表示される場所、直接検索と間接検索の違いについて解説しました。

※Googleマイビジネスは、2021年11月にGoogleビジネスプロフィールに名称変更しております
現時点では、機能面での大きな変更は発表されていないため、従来のGoogleマイビジネスの機能に沿って解説していきます。

1.Googleビジネスプロフィールのブランド検索と直接検索との違い

1-1.Googleビジネスプロフィールのブランド検索とは

Googleビジネスプロフィール公式ヘルプページによると「お客様のブランドや、お客様のビジネスと関連のあるブランドを検索したユーザー。このカテゴリは、ブランド検索でお客様のリスティングが 1 回以上表示された場合にのみ表示されます。」と記載されています。
参考:Googleビジネスプロフィールヘルプー「インサイトについて

要するに、ブランド検索とは店舗ごとの正式名称ではなく、ブランド名(+地域)で検索することを指します。
例:「叙々苑」「美容室EARTH」「くら寿司 渋谷区」「近くのカラオケバンバン」

1-2. Googleビジネスプロフィールの直接検索、間接検索、ブランド検索の違い

回転寿司を食べたいユーザーが調べる場合、以下のパターンが予想されます。

  • 直接検索「店舗名」
  • 間接検索「回転寿司 + 地域」
  • ブランド検索「ブランド名 (+ 地域)」

この場合、直接検索、間接検索、ブランド検索の表示される違いは下記の画像をご確認ください。

・直接検索の場合の表示

・間接検索の場合の表示

・ブランド検索の場合の表示

2.Googleビジネスプロフィールのインサイト情報(検索方法)

2-1.Googleビジネスプロフィールのインサイト分析とは

「1-1.Googleビジネスプロフィールのブランド検索とは」で、ユーザーが店舗を探すときに3つの検索方法が使われていることがわかりました。
それぞれの検索方法の割合を分析することで、どういった情報を発信すればよいかを決める指標を得ることができます。
・確認方法:Googleビジネスプロフィール管理画面の左タブより「インサイト」をクリックすることで確認できます。

Googleビジネスプロフィールページ管理画面の「インサイト」を開いた状態ではでは合計検索数として、直接検索、間接検索、ブランド検索の全ての合計値が表示されています。

この円グラフの「①」の部分をクリックすると、直接検索回数と全体のうちの%値が表示されます。

「②」は間接検索、「③」はブランド検索となります。

また、現在画像に表示されているの数字は1ヶ月での数値となりますので、左上のプルダウンを選択することで、1週間や1ヶ月、四半期期間の調整が可能です。

検索方法ごとにそれぞれ、以下のようなユーザー傾向がみられます。

直接検索・・・検索する前に既に対象のビジネスを認知しているユーザー
間接検索・・・ジャンルは決まっているが、明確に利用するビジネスがまだ確定していないユーザー。対象のビジネスを知らない可能性があり、新規ユーザーになりうる。
ブランド検索・・・利用したいビジネスのブランドは決まっていながらも、今いるところから近くにある場所やどんな場所にあるのかを知りたいユーザー。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はブランド検索についてと、検索数におけるインサイトの見方についてご紹介いたしました。

Googleビジネスプロフィールの管理、運用するメリットがご理解いただければ幸いでございます。

店舗運営をされている中でGoogleビジネスプロフィールページの運用や手が回らない店舗様も多くいらっしゃるかと思います。Googleビジネスプロフィールページを始めとしたWebマーケティング施策の運用は業者に任せて店舗運営に集中するなど、弊社にてお力になれることがございましたら是非ご連絡ください。

また、複数店舗運営されている方々はエリア、業態ごとにインサイト情報を整理し分析する工数は莫大なものになります。

そんな課題を解決すべく弊社では、Googleビジネスプロフィールや各種SNS、HPの店舗情報の一括管理・運用だけでなく、エリアや業態ごとにインサイト情報を分析することができ、集客を最大化(MEO対策)できる「Canly(カンリー)」というサービス提供しておりますので、是非多店舗を管理されている方はサービスページをご覧くださいませ。

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら

資料ダウンロード