1. ホーム
  2. コラム
  3. QRコードを使って口コミを集めよう!Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の集客アイデアを解説

QRコードを使って口コミを集めよう!Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の集客アイデアを解説

2022年4月28日(木)

Googleビジネスプロフィール

この記事からわかること

  • Googleビジネスプロフィールで口コミを増やすメリット
  • Googleビジネスプロフィールの口コミ用QRコードを作成する意味
  • Googleビジネスプロフィールの口コミ用QRコードを作成する方法

MEO対策で高い効果を実現するためには、高評価の口コミを集めることが必須です。しかし、待っているだけでは口コミは集まらないので、何らかの工夫が必要でしょう。

そこでおすすめしたいのがQRコードの活用です。今回はGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の口コミ用QRコードを作成する意味や作成方法、運用に関する注意点などについて解説します。口コミ集めに苦労されている企業の担当者様は必見の内容です。

Googleビジネスプロフィールで口コミを増やすメリットとは

Googleビジネスプロフィールとは、Googleのサービスに自社の店舗やサービスの情報を登録できるサービスです。Googleビジネスプロフィールに登録してリスティングと呼ばれる機能を活用することで、MEO対策にも好影響を与えるので積極的に活用することをおすすめします。

MEO対策の中でも特に重要な要素が、口コミを増やすことです。本章ではGoogleビジネスプロフィールで口コミを増やすメリットを解説します。

集客につながる

Googleビジネスプロフィールの口コミを増やすメリットは、集客につながることです。

顧客が投稿した口コミの情報は、Google検索やGoogleマップの検索結果にも表示されます。そのため、高評価の口コミ情報がたくさん掲載されれば、新規顧客の来店につながる可能性が高いでしょう。口コミには顧客からの生の声が反映されているため、店舗やサービスを検討中のユーザーにとって非常に価値の高い情報といえます。

高い評価の口コミが多い店舗には「行ってみたい」と思う方が多い反面、低評価の口コミばかりの店舗にわざわざ行こうと思う方は少ないでしょう。そのため、できるだけ多く高評価の口コミを集める必要があるのです。

店舗の信頼度が増す

口コミをたくさん集めることで、店舗の信頼度が増すことも大きなメリットでしょう。

Googleビジネスプロフィールでは、顧客が投稿した口コミにオーナーが返信することが可能です。そのため、顧客の口コミに対して真摯に対応する姿勢が伝われば、店舗の信頼度向上につながる効果が期待できます。

また、口コミに返信してもらった顧客は「また行きたい」と思ってもらえたり、別の口コミを投稿してくれたりする可能性もあるでしょう。

MEO対策効果がある

高評価の口コミをたくさん集めることで、MEO対策に好影響を与えます。

MEOとはマップ上に店舗情報を掲載し、マップ経由の来訪を増やすための施策です。ちなみに、MEOは「ローカルSEO」と呼ばれることもあるので、覚えておきましょう。

GoogleはGoogleビジネスプロフィールヘルプにおいて、口コミの数と評価が検索順位に影響すると公言しています。

参考:Google/ Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

 

そのため、高評価の口コミを増やせば増やすほど、MEO対策に良い影響を与えるでしょう。

参考:MOZ/The State of Local SEO Industry Report 2020

 

一方、米国のマーケティング調査企業MOZの調査によると、Googleのレビューが検索結果の上位表示に影響を与える重要な指標であることを発表しています。

このことからも、高評価の口コミが増えればMEO対策に好影響を与え、自店舗のGoogleビジネスプロフィールのページが検索結果に上位表示される可能性が高くなるでしょう。

 

なお、Googleビジネスプロフィールにおける口コミの重要性については、以下の記事でも詳しく解説しているので参考にしてみてください。

Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)における口コミの重要性

Googleビジネスプロフィールの口コミ用QRコードを作成する意味とは?

Googleビジネスプロフィールの口コミ用QRコードを作成する意味は、顧客に投稿してもらうためのハードルを下げるためです。

顧客に口コミ情報を投稿してもらうためには、Google検索かGoogleマップで自社のGoogleビジネスプロフィールを検索してもらい、そこから口コミを投稿してもらわなくてはいけません。そのため、ユーザーにとっては面倒な作業に感じられ、店舗側から口コミの投稿をお願いしても実施してもらえる可能性は低いでしょう。

しかし、Googleビジネスプロフィールの口コミ用QRコードを作成しておけば、店内のPOPやチラシなどに掲載できます。また、顧客はカメラでQRコードを写すだけで、すぐに口コミ投稿の画面に移行できて、投稿してもらえる可能性が高くなる点がメリットです。

店舗によっては、POPやポスターにGoogleビジネスプロフィールの口コミ投稿のやり方を説明している場合や、酷い場合にはURLが記載されていることもあります。しかし、どちらの方法も顧客にとっては非常にハードルが高いので、口コミの投稿は期待できません。

したがって、効率よく口コミ情報を収集するためには、QRコードの活用が必須です。

Googleビジネスプロフィールの口コミ用QRコードを作成する

実際にGoogleビジネスプロフィールの口コミ用QRコードを作成する方法を紹介します。簡単に行えるので、ぜひこの機会に覚えて実践してみましょう。

まずは口コミ用のURLを作成する

Googleビジネスプロフィールの口コミ用QRコードを作成するためには、まず自店舗やサービスの「Place ID」を取得する必要があります。以下の手順で実施しましょう。

 

1:「Google Maps Platform」にアクセスします。

2:QRコードを作成したい店舗名を「Find the ID of a particular place」の検索ボックスに入力します。

3:Place IDが表示されるので、こちらをコピーしましょう。

4:https://search.google.com/local/writereview?placeid=

上記URLの一番右端(=の右側)にPlace IDをペーストします。

 

以上でGoogleビジネスプロフィールの口コミ用URLの準備が完了です。

URLをQRコードに変換する

作成したURLをQRコード変換ソフトやアプリを使って、QRコードに変換しましょう。ツールはなんでも構いませんが、今回は「QRのススメ」を使った方法を紹介します。

1:「URL」が書かれた場所へ、先ほどのURLをペーストして「作成する」をクリックします。

2:URLがQRコードに変換されますので、大きさや色、ファイルの種類などを調整して「ダウンロードする」をクリックしましょう。これで左のような画像がダウンロードできます。

3:実際にスマホでQRコードにアクセスしてみると、上図のように口コミを投稿できる画面が表示されることを確認できるでしょう。

 

以下でQRコード作成ツールを3つ紹介するので、活用してみてください。

実際の店舗でのQRコードの使い方は?

作成したGoogleビジネスプロフィールの口コミ用QRコードを活用する方法を紹介します。QRコードを活用できるシーンは多いので、ぜひ有効活用しましょう。

POPで掲示する

飲食店であればテーブルの上やレジ前のPOPに、顧客へ口コミの投稿をお願いするQRコードを掲載することが常套手段です。また、店内に掲載するチラシやポスターなどにも、口コミの投稿をお願いする文言と一緒に掲載しましょう。

来店時にQRコードからの口コミを依頼する

口コミの投稿は、実際に店舗へ来店しサービスを体験した顧客しか実施できません。そのため、来店時に顧客へQRコードからサービスや自店舗の感想を投稿してもらえるようにお願いしましょう。

口コミを集めるときに注意すべきことは?

来店した顧客などに口コミの投稿をただ依頼するだけでは、実際にやってくれる方は少ないかもしれません。そのため、何らかのインセンティブを顧客に与えることで、口コミの投稿を促そうとする方も多いでしょう。

しかし、このような行為はGoogleビジネスプロフィールのポリシーに反する行為なので、実施できません。具体的にどのような行為がNGなのか、以下で解説します。

ポリシー違反をしない

Googleビジネスプロフィールの規約を確認すると、口コミを集めるときに以下のような行為を実施することが禁止されています。

  • 口コミに対価を払ってはいけない
  • 5つ星をつけてもらうようなキャンペーン
  • なりすまし行為
  • 店舗スタッフによる口コミ投稿
  • 店舗に口コミステーションを設置

参考:Google/マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシーヘルプ

わかりやすい事例でいえば、居酒屋で「口コミ投稿をしてくれたら生ビール1杯無料」といったキャンペーンはNGです。ポリシーに反する行為だとGoogle側に判断された場合は、検索順位が圏外になるなど重いペナルティが課される可能性があるので、上記のようなキャンペーンは実施しないようにしましょう。

 

なお、Googleビジネスプロフィールの口コミを集めるときにやってはいけないキャンペーンについては、以下の記事も参考にしてください。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)で口コミを集めるときやってはいけないキャンペーンとは?

口コミへの適切な対応でさらに効果アップ

顧客が投稿してくれた口コミに適切な対応をすることも、MEO対策において重要なポイントです。特に口コミ内容のチェックと返信は必ず行いましょう。

口コミ内容のチェック

口コミは顧客のリアルな意見が反映された貴重なデータです。定期的に投稿された口コミの内容を確認する運用を行いましょう。

顧客の意見の中に思わぬビジネスのアイデアなどが隠れている可能性もあるので、サービス内容の改善に活かすことで、顧客満足度や収益向上につながる効果が期待できます。

口コミへの返信

顧客が投稿してくれた口コミへオーナーが返信することも、Googleビジネスプロフィールの運営において非常に重要です。

高評価の口コミをしてくれた顧客にはきちんとお礼をすることで、エンゲージメントが向上しリピート化してくれる可能性があります。一方、低評価の口コミにも返信しましょう。

店舗側に非があった場合は、謝罪することも必要です。また、店舗側に非がない場合でも、改善提案などと一緒に返答することで、顧客の信頼が得られやすいでしょう。

まとめ

Googleビジネスプロフィールで口コミを効率よく集めるためには、QRコードの活用がおすすめです。また、口コミを集めるだけでなく、店舗側が真摯に対応することで顧客の信頼を高められますので、適切な運用を心がけましょう。

なお、口コミを集めるためにキャンペーンなどの実施を検討する企業も多いのですが、Googleの規約で禁止されている行為もあるため、事前に確認しておく必要があります。効果的に高評価の口コミを集められるようになれば、MEO対策の効果も徐々に高まることでしょう。

 

しかし、たくさんの口コミ情報を管理する作業は、非常に大変です。特に複数の店舗を運営している企業の担当者様にとっては、頭の痛い問題だと思われます。そこでおすすめしたいツールがCanly(カンリー)です。

CanlyはGoogleビジネスプロフィールやYahoo!プレイスなど、複数の店舗情報や口コミを一括管理・分析できるツールなので、管理・運用コストを削減し、集客効果の向上を実現します。

Canlyを導入すれば、全店舗分の口コミを簡単に閲覧、返信対応が可能です。口コミ数や評価点数などの分析も簡単にできますので運用の負荷を大幅に軽減できるでしょう。口コミに返信対応することや、ネガティブな意見を吸い上げてサービスを改善していくことで、店舗評価の向上にもつながります。

また、20,000店舗以上の支援実績を持つ専任のコンサルタントが運用をサポートします。

Canlyのサービスについては、以下のページでもご確認いただけますので、ぜひご覧ください。

  • 「Canly(カンリー)」資料ダウンロードはこちら
  • 「Googleビジネスプロフィール」お役立ち資料はこちら

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら

資料ダウンロード