1. ホーム
  2. コラム
  3. 自分でできるMEO対策とは?基礎から成功のコツまでやさしく解説

自分でできるMEO対策とは?基礎から成功のコツまでやさしく解説

2022年7月29日(金)

Googleマイビジネス

MEO対策とは、マップ上に店舗情報を掲載し、マップ経由の来訪を増やすための施策になります。

MEO対策を行うなら、Googleビジネスプロフィールに店舗情報を登録して管理することが極めて有効とされています。その理由と登録の方法・簡単に工夫できる運用方法などについて解説します。

今日からすぐに自分でもできる対策を基礎から紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

 MEO対策の基礎知識

実際に店舗でMEO対策を行うと、どのようなことができるのでしょうか。また、SEOとはどのように違うのか見ていきましょう。

1-1 MEO対策とは

MEO対策とは前述のとおり、マップ上に店舗情報を掲載し、マップ経由の来訪を増やすための施策のことです。そもそもMEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)を意味します。

マップ検索エンジンに適切な店舗情報を表示させ、実店舗への来店を促進することを目的としており、MEO対策はマップに表示される店舗の情報を整えることを指します。

1-2 MEOとSEOの違い

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で、検索エンジン最適化と訳されます。集客のためにGoogleに則って最適化を狙うという点では、MEOもSEOも共通です。

しかし、SEOとMEOの違いは次の点にあります。

  • SEO対策はGoogleの検索結果で上位表示を重要視しているが、MEO対策は表示順位に囚われずGoogleマップ上でお客様に魅力的な情報を発信し、アクション数(電話問い合わせ数、経路案内数など)の向上が重要、マップ経由の来訪を増やすことを目的とする
  • SEO対策がウェブサイト自体に対して幅広く行うものであるのに対し、MEO対策はGoogleビジネスプロフィールに対して行い、対策範囲が限定的

マップ検索の注意点として「Googleはユーザーの位置情報に合った検索結果を返すため、同じキーワードで検索しても地域や場所によって検索順位が異なる」というのが挙げられます。

「MEO」というと「SEO」と同様に「特定キーワードでの検索における上位表示を狙うこと」をイメージされる方が多いですが、上記注意点を踏まえると上位表示を目指すのではなく「電話ボタンクリック数」や「経路案内ボタンクリック数」などの「ユーザがアクションしたか否かを判断できる指標」を高めるための運用をすることが効果を出す上で重要になります。

また、MEOは「お店の名前+地域」といった検索キーワードの入力を行うと、お店の情報がマップ情報と共に表示されます。表示されるお店は特定の地域に限定されます。これに対してSEOは、地域限定のキーワードを入力するという限定が付きません。

対象の広いSEOの方が技術的にハードルは高いとされているうえに、競合も多く、効果もMEOと比較すると現れにくいと考えられています。

また、対象となる検索エンジンもどの検索エンジンにも成立するのがSEOですが、MEOではマップエンジンに限定されます。なお、MEOはローカルSEOとも呼ばれます。ローカルSEOとMEOは呼び方が違うだけであり、Googleマップ上に店舗の情報を表示させる施策の意味では同じです。

 MEO対策を行うメリット

SEOとの違いを踏まえてもう少し深堀りしてみると、次のような点がMEO対策を施すメリットと考えられます。

  • 店舗の来訪に繋がりやすい
  • 競合がまだまだ少ない
  • SEOより難易度が低い

2-1 店舗の来訪に繋がりやすい

MEO対策は、ユーザーの目に留まりやすく来店見込みの高い客に訴求できることが特徴です。

しかも営業時間内にはさらに検索結果に表示されやすくなるので、お店を探しているユーザーにマッチングしやすいのがポイントです。

例えばイベントなどで訪れた地域・会社や自宅の近くでスマホを持った潜在客がマップで検索すると、あなたのお店を見つけてもらいやすくなるのです。

スマホで実際に地域で検索している潜在客はこれから店に入る確率がもともと高いので、Googleマップに自店舗の情報が表示されると、実際に足を運んでもらいやすくなります。つまりMEO対策を行うことは、集客にプラスの効果を生みやすいのです。

2-2 競合が少ない

ターゲット地域が限定されることで競合数が元々少ないことに加え、SEO対策に比べると歴史が浅く、本格的な対策を打っている競合も少ないことから、効果が出やすいと考えられます。

Googleが実施した調査によると「近くの○○」というキーワードでの検索数は、2011年から2015年の間に34倍に増加しています。昨今こうした使い方をするユーザーは極めて多く、MEO対策はこれからの時代にマッチしている施策といえます。

2-3 SEOより難易度が低い

MEOは主にGoogleビジネスプロフィールで行うため、対策範囲が限定的で、難易度が低いこともメリットの一つです。Googleビジネスプロフィールは無料で始められ、SEOで必要とされるコンテンツ作成や広告作成を費用をかけて行う必要がありません。

あまりコンテンツや広告に大きな出費をすることができない小規模な事業者であっても、参入障壁が低くフェアな条件で競合と闘いやすく、しかも効果が出やすいのがMEO対策です。MEOはSEOより技術も費用の面でもハードルが低く、小規模な店舗のアピールにも効果的と考えられるのです。

 MEO対策を行うデメリット

MEO対策を行うこと自体にデメリットはありませんが、運用していく上で「やりづらい」と感じることはあります。その点をご紹介します。

3-1 ネガティブなクチコミやレビューが届くこともある

お客さまや競合からネガティブなレビューが届くことがあります。ネガティブなレビューに対しては、丁寧かつ真摯に対応することが必要とされ、具体的な対策についてもある程度「定石」のようなものがあります。

たとえネガティブなレビューが届いても誠意ある対応を取ることで、ユーザーからの信頼を得ることができます。

3-2 効果が出にくい店舗もある

オンライン店舗のみで実店舗がない事業形態や、検索対象地域に店舗を構えていない場合、クチコミを貰いにくい業態の場合などは、MEO対策における効果が出にくいこともデメリットの一つです。

3-3 店舗を複数運営している場合は膨大な管理工数がかかることも

複数店舗がある場合には、MEO対策として店舗ごとに正しい情報を掲載する必要があります。

しかし、店舗の営業時間やクチコミの管理を1店舗ずつ行うと、店舗数分の作業時間がかかってしまいます。時間と手間をかけすぎてしまうと、業務に影響が出てしまうことも懸念されますので、1店舗分の作業時間で全店舗分の管理ができる、Googleビジネスプロフィールの一括管理サービスを使うことがおすすめです。

Googleビジネスプロフィールの一括管理サービス「Canly(カンリー)」の資料ダウンロードはこちら

 自分でできる!MEO対策の具体的なやり方

MEO対策にはいくつかのポイントがあります。今日から実践できる具体的な方法を解説します。

4-1 Googleビジネスプロフィールに登録する

Google ビジネスプロフィールにお店を登録していない場合、まず登録から始めましょう。登録は、次の手順で行います。

  • アカウントを作成
  • ビジネス情報(基本情報)・カテゴリ(あとで修正が可能です)
  • 写真をアップロードして掲載
  • ウェブサイトの登録

もしもユーザーによる登録や、ウェブサイトからの自動生成により、お店の情報がすでに登録されていた場合、オーナー確認(Googleによるオーナーの本人確認手順)後、情報の編集ができます。

※詳しい手順はこちらの記事を参照してください。

Googleマイビジネスのオーナー確認の方法とは?うまくいかない場合の原因や対処法も解説
https://docs.google.com/document/d/1qhbY6RVLIQOtB5yma_ofGsJuAf7QG_M1/edit

4-2 情報を充実させる

MEO対策を成功させるには、Googleビジネスプロフィールの情報を充実させることが近道です。特に次の3点を意識するようにしてください。

  • カテゴリは適切なものを選択し入力すること
  • 要求される情報は可能な限りすべて埋めていくこと
  • NAP情報は他の外部情報との統一を図ること

カテゴリは適切なものを選択し入力すること

カテゴリは、業種名としてキーワード検索をする際に使われる語を選択する必要があります。例えば「中華料理店」を選択するか「広東料理店」を選択するかは、どちらのキーワードをつかって検索してほしいかによります。

「中華料理店」としておき、多くのお客さまの検索結果に表示させるのか、競合が少ない「広東料理店」でより確実に表示させるのか、検索結果によって得られる集客の効果まで考えて選択しておきましょう。

要求される情報は可能な限りすべて埋めていくこと

Googleビジネスプロフィールが要求する情報は、ユーザーが検索する際に使われる情報です。ユーザーによる検索ができるだけヒットするよう、可能な限り埋めて対応しましょう。

NAP情報は他の外部情報との統一を図ること

Googleビジネスプロフィールに登録した後は、店舗情報を登録していきますが、キーになる情報を総称したものがNAP情報です。

  • Name(会社名・店舗名)
  • Address(住所)
  • Phone(電話番号)

これらの情報の英文表記の頭文字をとって、NAP情報と呼んでいます。

Googleは店舗がどれだけ人に知られているかという「知名度」をアルゴリズムで解析し、知名度の高い店舗を表示させる仕組みを持っています。

そこで、ウェブサイトやブログの情報と、Googleビジネスプロフィールの情報を統一する必要があります。表記ゆれ(半角全角の別・よみがななどに起こりやすい)も知名度を図る仕組みには影響してしまうので、正確にNAP情報の統一性をとるようにしましょう。

NAP情報が統一されていないと別のビジネスと判断されてしまい、実際より低い知名度であるとGoogleに判断されてしまう可能性があります。

店舗の知名度をより低く判断されてしまう事態を防止するように番地・ビルの名前、部屋番号、電話番号(固定・携帯の違いにも注意)など、表記を統一して登録しましょう。

4-3 キーワードを設定する

キーワードはGoogleマップ検索の際に、ユーザーが検索ウィンドウに入力するキーワードのことです。

ユーザーニーズを考え、自分の店が検索される時に入力しやすく、使われやすいと思われるキーワードを設定します。お店側で「検索してほしいキーワード」が常に「検索されやすいキーワード」とは限らないところがポイントです。

Googleマップでは、地域名+カテゴリ名(例えば西新宿+カフェ)の検索が多く見られます。また、飲食店では地域名+メニュー名(西新宿+ハンバーグ)、地域名+テラス席などの営業形態でも検索が考えられます。

キーワードを定めたら、カテゴリに反映させるほか、ビジネス情報への反映・投稿への反映を行い、検索されやすいように対策しておきましょう。

4-4 クチコミや評価を集める

ユーザーからのクチコミや評価を集めることは、お店の知名度を上げる重要な対策になります。

そこで、来店客に直接クチコミを依頼すること、SNSでクチコミを募集すること、クチコミを歓迎する旨の最新情報をGoogleビジネスプロフィールに掲載しておくことなどにより、クチコミや評価を集めてみましょう。

Googleビジネスプロフィールからも依頼は簡単です。あなたのお店をGoogleの検索で表示させると、上部右側に「顧客」ボタンが表示されます。ここをクリックして、SNSにリンクをシェアすることや、顧客ボタンをクリックすると表示されるリンクのコピーを行い、メールを送信することができます。

クチコミや評価の募集は、飛躍的に効果が上がるものではなく、クチコミを書いてくれるお客さまは10人に1人いるかどうかとされています。ユーザーの心理からするとクチコミを書くことは面倒と思うためです。

しかし、1つクチコミが集まると、さらに他のクチコミを呼ぶ効果があることが知られています。

また、ポジティブなクチコミの数が上がればより集客効果は上がるので、アンケートなどを活用し、お客さまの満足度を上げるように店舗改善を行うことも重要です。ポジティブなクチコミのみを依頼したり、クーポンなどの対価を伴うクチコミ依頼はガイドラインで禁止されますが、評判を上げる活動は禁止されていません。

4-5 投稿機能を活用する

投稿機能の活用も、MEO対策ではポイントとなります。できるだけ最新の情報を定期的に更新し掲載すること、写真の投稿を行い視認性を高めることが特に重要です。

最新の情報は、例えばイベント・特典を掲載することや季節のメニューを掲載することなどが考えられます。

投稿は、マップ検索であなたのお店を検索するとページ上部に表示される「宣伝」ボタンから行うことができます。最新情報・クーポンなどの特典・パーティやサンプル無料配布会・試食会などのイベントは「宣伝」から投稿することができます。また、写真の投稿も同じく「宣伝」ボタンからの簡単なアップロードが可能です。

一度投稿したら満足してしまうのではなく、定期的な更新を行いましょう。定期更新の情報は、情報の質が高いとGoogle側で判断するので、検索結果に表示されやすくなります。

 MEO対策を成功させるためのポイント

MEO対策は、Googleマイプロフィールの機能を最大限利用し、適切な投稿を行うだけでも効果は大きいものですが、さらに次のようなポイントを意識するとより効果を上げやすくなります。

5-1 Googleのガイドラインを遵守する

Googleビジネスプロフィールの記載は、Googleのガイドラインを遵守して投稿を行うことが必要です。

ガイドラインに違反すると、Googleのアルゴリズムが検索表示の結果から除外する・投稿を最悪は削除するなどの対策が打たれるので、結果として集客効果が下がってしまいます。

例えば、虚偽の情報を掲載すること・他のサービスと誤認させるような情報を掲載することはガイドライン違反です。また、クチコミを良いものにしてほしいなどと他人に依頼する不正行為もガイドライン違反になります。

参照:Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン
https://support.google.com/business/answer/3038177?hl=ja

5-2 関連性・距離・知名度を意識する

Googleビジネスプロフィールの公式ヘルプページには、検索結果の表示について次のように記載されています。

ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度などの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。

引用元:Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

そこで、キーワードとビジネスの関連性・お店と地名の距離・知名度を意識して投稿やビジネス情報の設定を行いましょう。

キーワードとビジネスの関連性

設定したキーワードと、ビジネスの関連度合いが強いと、検索結果に表示されやすくなります。

お店と地名の距離

Googleマップは位置情報も取り込んで検索結果に表示する仕組みを持っています。地名がカバーしている場所の中心地がお店と近いほど、検索結果に表示されやすくなります。お店の所在地と隣接する地名も視野に含め、最もユーザーにとって検索しやすいと思われる地名をキーワードとして設定することも検討しましょう。

知名度

ブログ・ウェブサイト・SNSなどでお店についての多くの情報が出回っていると、検索結果に表示される確率が上がります。知名度が外部のサイトで高いことを「外部評価が高い」とも呼びます。Googleビジネスプロフィール以外にもこれらのメディアを利用している場合は、積極的な発信を行い、外部評価も上げてみましょう。

5-3 特定キーワードにおける上位表示をKPIにおかない

5-2でも説明はしておりますが、MEOはSEOと異なり検索を行ったユーザの位置情報などの変数によってキーワードの検索順位は変動します。

また、検索で上位に表示されれば良いわけではなくユーザーは様々な店舗ページを閲覧した上で意思決定を行うため、店舗ページの情報をユーザ視点で魅力的に整備し、店舗ページを閲覧したユーザの「経路案内ボタンクリック数」「電話問い合わせボタンクリック数」などの「アクション指標」をKPIに運用していくことが成果を出す上で重要です。

5-4 クチコミへの返信は丁寧に行う

ユーザーとのコミュニケーションは、Googleビジネスプロフィールだけでなく、外部評価を上げる観点からも重要です。クチコミサイトでも、評価を上げるきっかけになることが考えられるためです。

また、ユーザーとのコミュニケーションの中ではお店の運営の反省点に気付くこともあります。ネガティブなクチコミをきっかけに顧客の満足度を上げる取り組みも可能となるでしょう。

真摯にクチコミに向き合っていれば、お店の印象も上がります。どんなクチコミにも必ず丁寧に返信を行い、地道にお客さまとの信頼関係を積み上げていきましょう。

5-5 最新の情報を投稿し続ける

Googleのアルゴリズムは旬の情報や最新情報をユーザーにとって価値の高い情報と判断するものです。そのため、更新日がより新しい日付であれば、MEO対策の効果を上げやすくなります。

期間限定イベントの情報を投稿するのも効果的です。掲載には数日を要するので、前もって投稿しておき、イベントの直前には表示されるようにしましょう。

また、定期的な更新を業務予定に組み込んでおくと、常に最新の情報を投稿することができます。

5-6 継続する

ユーザーにとってわかりやすく価値ある情報を発信し続けることで、Googleのアルゴリズムに良い影響を及ぼします。良い情報は集客の呼び水にもなり、クチコミが増え好循環ができていくものです。

良い情報を発信することを第一に考え、コツコツと継続することで、結果があとからついてくると考えましょう。

短期的な検索順位やGoogleアップデートによる順位変動に惑わされず、良質なサービス提供を一番に考えてGoogleビジネスプロフィールを運用することで結果が得られます。

今までに何度もGoogleのアルゴリズムには変更がありましたが、一貫してユーザーにとって良質・役に立つ情報が検索結果に表示されるアルゴリズムが利用されています。このことからも、地道な継続が求められている、と理解しておきましょう。

 Googleビジネスプロフィールに登録してMEO対策を始めよう

MEO対策を行う上でGoogleビジネスプロフィールは大変重要な役割を持っており、これからの集客を担う次世代のホームページとしての役割を果たすものと考えられます。

スマホ時代の集客に大きく寄与するツールであり無料で利用できます。さらに、MEOは自分でできる施策であるため、集客に活用しないのは大変もったいないことと言えるでしょう。

ただし、複数店舗を持っている場合はGoogleビジネスプロフィールの運用に手間と時間が多めにかかってしまいますし、MEO対策の効果を得るには、運用する上でいくつかポイントがあります。

Googleビジネスプロフィール・Yahooプレイス・HP・SNS情報の一括管理サービス「Canly(カンリー)」は、このようなお悩みを解決するサービスです。

管理画面上で店舗情報を一括で管理・運用・分析ができるシステムで、一つ一つの店舗に手間と時間をかけることなく、一括でMEO対策が可能になります。さらに33,000店舗以上の支援実績を持つ専任のコンサルタントが日々の運用ノウハウの提供、運用体制の構築まで伴走し、成果にコミットいたします。

複数店舗のMEO対策を考えている方、集客に関して少しでもお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

・「Canly(カンリー)」資料ダウンロードはこちら
https://jp.can-ly.com/whitepaper/service/

・「Googleビジネスプロフィール」お役立ち資料はこちら
https://jp.can-ly.com/whitepaper/

※参考URL:
https://web.cin-group.com/service/meo/blog/878/
https://semlabo.com/meo/
https://semlabo.com/meo/blog/local_seo_point/
https://local-mieruca.com/blog/meo%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AE%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%EF%BC%81meo%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E5%AE%9A%E7%BE%A9%E3%82%84google%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E6%A4%9C%E7%B4%A2/

https://liskul.com/local-pack-89409https://web.cin-group.com/service/meo/blog/878/
https://meo.tryhatch.co.jp/meo/whatmeo
https://sogyotecho.jp/whatismeo/
https://support.google.com/business/answer/3038177?hl=ja
https://kbcompany.jp/blog/seo-meo/108/
https://www.elplanning.co.jp/column/category06/5134
https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja
https://tayori.com/blog/meo/

 

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら

資料ダウンロード