1. ホーム
  2. 事例
  3. 株式会社大賀薬局様の導入事例

店舗の認知拡大を実現!内製化に向けてサポートチームと二人三脚で取り組んだ大賀薬局のGBP運用

株式会社大賀薬局様
業種
小売
店舗数
101〜500店舗
課題
店舗情報の管理ができていない

大賀薬局は、福岡市近郊を中心に福岡県、佐賀県、熊本県、大分県、鹿児島県、沖縄県で
129店舗の調剤薬局・ドラッグストア・化粧品専門店を展開している企業です。
薬局という店舗の特性上、病院の近くにある店舗以外は認知されにくいという課題がありましたが
GBP活用を行うことで店舗の認知拡大効果も実感。
今回は、経営企画室 池田様にCanly導入の背景や成果、活用のポイントを伺いました。

ご担当者様:経営企画室 池田 様

導入前の課題

Googleビジネスプロフィールのアカウントがない店舗も。閉店した店舗の情報も放置されている状態

Canlyを導入する前までは、GBPの存在は知っていたもののまったく重要視できていませんでした。

GBPのアカウントを作成しただけで運用はできていない店舗が多く、間違った営業時間が表示されている店舗があったり、
すでに閉店している店舗の情報が表示されたままになっていたり、新店をオープンしてもGBPのアカウント作成はできていない、といった店舗もありました。そのため、公式HPの店舗検索ページとGBP上の店舗情報が一致していないという状況でした。

また、本部でGBP運用を行おうと思っても100店舗以上あるため、地道に手作業で情報更新をすることに限界を感じていました。

選んだ理由

ツールを提供している会社はたくさんある中で「内製化」に向けた支援体制

GBP上の情報更新を一つ一つ手作業で行うことに限界を感じていたときにCanlyからの提案があり「一括管理ツール」の存在を知りました。
Canlyのサービス説明を受けたときに、実際のデモ画面も見せていただいたのですが、とても使いやすそうなツールであったことがCanly導入の決め手の一つとなりました。

また、Canlyは最初から「内製化」に向けた提案をしてくれたところにも好感が持てました。
同じような一括管理ツールは調べれば他にもたくさんあると思いますが、私たちは自社でGBP運用を行いノウハウを蓄積したいと考えていたため、その考えに寄り添った提案がとてもありがたかったです。

導入後の効果

GBP運用を行うことでWebプロモーションの効果を実感

GBP運用のノウハウはほぼない状態でしたが、Canly導入後のサポートにより、GoogleのガイドラインやGBP設定方法など基礎的なところから、具体的なGBPの有効活用事例もノウハウとして教えてもらうことができ、社内でのGBP運用が定着化してきました。

特に効果を感じているのは「GBP運用における作業工数の削減」の部分で、お知らせや画像を投稿する際に一括投稿が可能になったため作業工数の削減が実現し、GBPの運用頻度を高く保てるようになりました。これまで対応できていなかったクチコミの管理についても注力するようになり、各店舗でネガティブなクチコミに関する対応は特に迅速に行うことができています。

また、Canly導入前はWebでの集客やプロモーションに力を入れることができておらず、漠然と公式HPだけ整えておけば最低限大丈夫だろう、くらいに考えていました。しかし、GBP運用を開始してみると、公式HPよりGBPの閲覧数の方がはるかに多いことがわかり、Webでの集客も一定数見込めるのではないかという見解から、会社としてGBPを中心としたWebプロモーションに力を入れることになりました。

これまで、薬局という店舗の特性上、病院の近くにある店舗は薬の受け取りなどで来店されるお客様が多いため一定の認知がありましたが、近くに病院がない店舗は認知されにくく来店にも繋がらないという課題がありました。この課題に対して、GBPは、例えばお客様が「地域名×薬局」で検索した場合、現在地に近い店舗から詳細情報を閲覧できたり「現在営業中の店舗」など条件を絞って検索を行うことが可能です。
GBP運用を行い、店舗の住所や営業時間などの基本情報を常に最新の状態にしておくことはもちろん、店舗からのお知らせやキャンペーン情報などを常に発信し続け、お客様が「地域名×薬局」で検索した際に正しい情報が表示されている状態を作ることで、近くに病院がない店舗の認知拡大効果も実感しています。

※Googleマイビジネスは、2021年11月にGoogleビジネスプロフィールに名称変更しております

ご担当者様のコメント

大賀薬局_池田様2|Canly(カンリー)導入事例

長期的には、CanlyでWebプロモーション周りをすべて完結できるように

経営企画室 池田 様

今後に関しては、まずはHP連携を進める中でWebマーケティング、SEO、MEOすべてを絡めていき、Web上での店舗の認知率・知名度を上げていきたいです。特に、自社で運営しているECサイトの知名度も上げていきたいです。

長期的な話としては、Canlyを使って、GoogleビジネスプロフィールやHPだけでなく、Webプロモーション周りをすべて一括で管理・運用できるようになることを期待しています。一つのツールからWebプロモーションをすべて完結できるのが理想ですね。

SHARE

お問い合わせ

Canly(カンリー)の機能や価格の詳細、
実際の画面を見たい方はこちらから

無料

サービス紹介資料のダウンロードはこちら